ポンドは買い? それとも売り?  英国は、今夜重大発表か
拡大する(全5枚)

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは105.91下値メドは104.47

今朝の天気マークは「雨」


※天気の判定基準は記事末尾にあります
↑上値メド:105.91↓下値メド:104.47


We Are Never Ever Getting Back Together


 EU(欧州連合)は、今日(15日)からブリュッセルでサミット(首脳会議)を開催します。最重要議題は英国との通商交渉。英国がブレグジット(EU離脱)することに伴い、英国とEUは新たに通商条約を結ぶ必要がありますが、交渉は難航しています。


 英国のジョンソン首相はEUとの合意期限を今夜(15日)までと区切り、交渉が物別れに終わった場合は合意なき離脱も辞さないと発言しています。そのため、今日という日が注目されているのです。


 EUサミットでは、漁業権、紛争処理、公平な競争条件の保証などの分野での進展が、まだ不十分との見解を示す見通し。しかし同時に、交渉は今後も「継続」する可能性も残っています。英国サイドも「あと2週間あれば合意できる」として、交渉延長方向へ傾いている様子。


 たしかに、合意なき離脱は「誰得」なわけで、ブレグジット交渉は、これまでそうだったように、これからも、おそらくは半永久的に続くことになるでしょう。とはいえ、万が一の場合もゼロではないので、マーケットは結果を待っている状況。交渉延長は安心材料なので、短期的にはポンド買い。しかし中期的にはどうか。交渉の長期化は英経済にマイナス効果しかありません。


この記事の画像

「ポンドは買い? それとも売り?  英国は、今夜重大発表か」の画像1 「ポンドは買い? それとも売り?  英国は、今夜重大発表か」の画像2 「ポンドは買い? それとも売り?  英国は、今夜重大発表か」の画像3 「ポンドは買い? それとも売り?  英国は、今夜重大発表か」の画像4
「ポンドは買い? それとも売り?  英国は、今夜重大発表か」の画像5