バイデン大統領が真っ青、米国のインフレ暴走。ドル/円にも影響ある?
拡大する(全8枚)

今日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは114.70下値メドは113.25

(欧州)ドイツの建設労働者がインフレで全国スト。5.3%の賃上げ要求
(英国)ブレグジット交渉が白紙にもどるおそれ。北アイルランド巡りEUと英国が対立。
(米国)米中貿易戦争が再発も。バイデン大統領が支持率回復のため対中強硬姿勢へ


 12日(金曜)のドル/円は114円を挟み横ばい。高値114.30円、安値113.76円、1日の値幅0.54円。


 東京市場午前中のうちにその日の高値(安値)をつけて、海外市場で安値(高値)をつけるというのが最近のドル/円のパターン。10日は安値をつけて上昇して、11日は高値をつけて下落。では12日は?


 この日は114.03円からスタート。東京時間午前につけた114.30円がこの日の高値。欧州時間にかけてじりじりと下がり、114円を割るとNY時間に113.76円まで下落。終値は113.92円(前日比▲0.14円)で、114円台を維持できませんでした。


 114.20-40円の抵抗ゾーンを超えることができたら、狙うは年初来高値の114.70円。しかし見た目以上に距離がありそうです。下は200時間移動平均線が走る113.66円前後がサポート。11月の高値と安値の50%は113.58円。


 週末に発表されたミシガン大学消費者態度指数は、過去10年間で最低の水準まで低下しました。その原因は「物価高」。回答者の4人に一人が「インフレのせいで来年は収入が目減りして、生活水準が下がるだろう」と、米政府のインフレ対策が遅れていることに不満を持っています。米国の10月消費者物価指数は大幅に上昇して、1990年11月以来約31年ぶりの6%台になっています。バイデン大統領は、支持率をこれ以上下げないためにも、早急に対策を立てる必要があるでしょう。


この記事の画像

「バイデン大統領が真っ青、米国のインフレ暴走。ドル/円にも影響ある?」の画像1 「バイデン大統領が真っ青、米国のインフレ暴走。ドル/円にも影響ある?」の画像2 「バイデン大統領が真っ青、米国のインフレ暴走。ドル/円にも影響ある?」の画像3 「バイデン大統領が真っ青、米国のインフレ暴走。ドル/円にも影響ある?」の画像4
「バイデン大統領が真っ青、米国のインフレ暴走。ドル/円にも影響ある?」の画像5 「バイデン大統領が真っ青、米国のインフレ暴走。ドル/円にも影響ある?」の画像6 「バイデン大統領が真っ青、米国のインフレ暴走。ドル/円にも影響ある?」の画像7 「バイデン大統領が真っ青、米国のインフレ暴走。ドル/円にも影響ある?」の画像8