日本株はどこまで上を目指せるか?米中大手企業の決算にも注意!
拡大する(全5枚)

先週の日経平均は直近安値を下回らず改善へ

 先週末5月20日(金)の日経平均株価は2万6,739円で取引を終えました。前週末終値(2万6,427円)からは312円高、週足ベースでも反発に転じましたが、直近の3週間は反発と反落を繰り返しています。


図1 日経平均(日足)とMACD (2022年5月20日取引終了時点)
日本株はどこまで上を目指せるか?米中大手企業の決算にも注意!
出所:MARKETSPEEDⅡを元に筆者作成

 改めて、先週の日経平均の値動きを上の図1で振り返ると、前週末からの株価反発の流れが継続し、18日(水)までに4日続伸したかと思えば、翌19日(木)には急反落、そして週末の20日(金)に反発して終えるといった展開でした。冒頭では週足ベースで上げ下げを繰り返していると述べましたが、先週は日々の値動きもやや慌ただしいものとなりました。


 ただ、こうした慌ただしさの割には、全体的に堅調な推移だったといえます。


 ちょうど図1のピンク色の丸枠で囲われた部分が先週の株価の足取りなのですが、25日と75日の2本の移動平均線が意識されていたことや、2万6,000円から2万7,000円の範囲内に収まっていること、そして、NYダウ(ダウ工業株30種平均)やS&P500(S&P500種指数)といった米株価指数が年初来安値を更新していた中でも、日経平均は5月12日の直近安値を下回りませんでした。


 さらに、下段のMACDもシグナルを上抜けていることを踏まえると、チャートの形状は何だかんだで改善しています。


この記事の画像

「日本株はどこまで上を目指せるか?米中大手企業の決算にも注意!」の画像1 「日本株はどこまで上を目指せるか?米中大手企業の決算にも注意!」の画像2 「日本株はどこまで上を目指せるか?米中大手企業の決算にも注意!」の画像3 「日本株はどこまで上を目指せるか?米中大手企業の決算にも注意!」の画像4
「日本株はどこまで上を目指せるか?米中大手企業の決算にも注意!」の画像5