原油相場と石油関連株。なぜ下がらないのか!?
拡大する(全6枚)

100ドル付近でのらりくらり

 以下の通り、原油相場は、100ドル前後の水準で高止まりしています。西側を中心とした国々が石油の戦略備蓄を放出する方針を示しても、主要機関が世界の景気が鈍化する見通しを示しても、100ドル前後でのらりくらりと推移しています。


図:WTI原油先物(日足) 単位:ドル/バレル
原油相場と石油関連株。なぜ下がらないのか!?
出所:ミンカブ・ジ・インフォノイドの資料をもとに筆者作成

 ロシアによるウクライナ侵攻開始以降、ロシアの蛮行を批判する国々(主に西側)は、戦争を終わらせるために、さまざまな策を講じてきましたが、和平への道は見えていません。


 目下、西側は制裁をさらに強化し(EU(欧州連合)がロシア産石油と天然ガスの不買強化を打ち出した)、ロシア側は自国産資源の供給減少をちらつかせています。真逆の姿勢を取り続ける両者の距離は、広がる一方です。


 原油相場が高止まりしているのは、事態の「根」が相当深いところまで伸びており、市場がエネルギーの供給懸念を払しょくすることが困難であると感じているためだと、筆者はみています。なぜ、供給懸念を払しょくすることが困難なのでしょうか。ヒントは、われわれ西側にあります。


西側も上昇要因を提供している

 侵攻直後、西側は制裁を科せば、ロシアはすぐに音を上げる(ロシアがすぐに降伏して戦争が終わる)と踏んでいた節がありましたが、現在、ロシアはその制裁すら逆手に取って、逆に優位な立ち位置を享受しているように見えます。


 西側が制裁の「跳ね返り」によるインフレで経済的なダメージを負っているのを傍観しながら、自らは原油高による恩恵を享受しています。このような事態に陥っているのは、「 金(ゴールド)に「100年越し」の長期上昇要因発生!? 」で述べたように、西側自身に「パラドックス(自己矛盾)」があるためです。


この記事の画像

「原油相場と石油関連株。なぜ下がらないのか!?」の画像1 「原油相場と石油関連株。なぜ下がらないのか!?」の画像2 「原油相場と石油関連株。なぜ下がらないのか!?」の画像3 「原油相場と石油関連株。なぜ下がらないのか!?」の画像4
「原油相場と石油関連株。なぜ下がらないのか!?」の画像5 「原油相場と石油関連株。なぜ下がらないのか!?」の画像6