東名高速をまたぐ「廃線」撤去進む 米軍厚木基地専用線 跡地はどうなる?

東名高速をまたぐ「廃線」撤去進む 米軍厚木基地専用線 跡地はどうなる?
       

神奈川県内の相鉄線から米軍厚木基地に伸びる貨物線の撤去工事が進められています。「廃線」として鉄道ファンに知られた存在だったものの、アメリカから日本への返還が決まり撤去へ。跡地はどうなるのでしょうか。

ジェット燃料を運んだ貨物線

2020年11月現在、神奈川県内である「廃線」の撤去工事が進められています。相模鉄道(相鉄)本線の相模大塚駅(大和市)西側から、アメリカ海軍厚木基地へ伸びている貨物線です。

かつては、この路線を使って厚木基地へのジェット燃料輸送などが行われていましたが、1998(平成10)年以降は休止状態に。使われなくなった線路や踏切、架線などが残り、鉄道ファンには知られた存在だったものの、それらが撤去され、一部はすでに更地となっています。

東名高速をまたぐ「廃線」撤去進む 米軍厚木基地専用線 跡地...の画像はこちら

米軍厚木基地専用線、東名高速をまたぐ部分。2020年3月撮影。2020年11月現在、撤去工事が進められている。

この撤去工事を行っているのは、地元の大和市でも相鉄でもありません。防衛省の南関東防衛局です。というのも、撤去工事は2017年に日本とアメリカのあいだで、専用線の返還が決まったことを受けて進められているものです。

「専用線は旧海軍の時代から存在し、戦後、米軍施設として提供されていました。大部分は民地の上を通っていますが、軌道(線路)部分は国有財産であり、現在は防衛省が一時的に管理しています。これを“原状回復”、つまり軌道ができる前の更地の状態にして、それぞれの地権者にお返しします」(南関東防衛局)


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月11日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。