男のロマン?「趣味としての軽トラ」人気のワケ キャンプ業界も注目の万能ぶりと手軽さ
拡大する(全2枚)

農業や配送業の相棒ともいえる「軽トラ」。ですが最近、この軽トラが趣味のクルマとして見直されてきています。軽トラに特化したアイテムも多数登場し、手軽に低コストで改造できるようになっています。

ホンダが軽トラの生産終了…軽トラの時代は終わった?

 2021年4月、“農道のフェラーリ”の異名を持つホンダの軽トラック「アクティ」が生産終了しました。2021年6月現在、国内で生産されている軽トラは、スズキの「キャリイ」とダイハツの「ハイゼット」の2種のみになっています。

 軽トラは価格も安く、積載性に優れることから農業従事者などの根強い需要があるだけでなく、特に地方では手軽な移動手段としても認識されています。小さなボディとホイールベースの短さから小回りが利き、狭い道でもすいすい走れるためです。

 生産終了の背景には、第一次産業従事者の減少や、車両への環境・安全性能に対する規制の強化などが挙げられていますが、一方で、軽トラを見直す動きもあります。それは、趣味のクルマとしてです。

男のロマン?「趣味としての軽トラ」人気のワケ キャンプ業界も...の画像はこちら >>

生産が終了したホンダ「アクティ トラック」。晩年にはオシャレな特別車も設定されていた(画像:ホンダ)。

 例えば俳優の岩城滉一さん。2021年5月、自身のYouTubeチャンネルで、スズキ「スーパーキャリイ」のシートを交換する様子を紹介しました。

 岩城さんの軽トラは通常よりもキャビン(室内)が広くなっている仕様です。シートをドイツのメーカー「RECARO」のものに交換したほか、荷台に特注のロールバーを装着したり、内装にカーボンラッピングを施したりするなど、思いのままに手を加えています。


この記事の画像

「男のロマン?「趣味としての軽トラ」人気のワケ キャンプ業界も注目の万能ぶりと手軽さ」の画像1 「男のロマン?「趣味としての軽トラ」人気のワケ キャンプ業界も注目の万能ぶりと手軽さ」の画像2