18きっぷポスターの旅情を“豪華に”味わってきた 間もなく終了「伊予灘ものがたり」

18きっぷポスターの旅情を“豪華に”味わってきた 間もなく終了「伊予灘ものがたり」
拡大する(全2枚)

まもなく現行車両は運行終了!

「伊予灘ものがたり」ってどんな列車?

 小さな駅と列車、その背景に青い海と空――「青春18きっぷ」のポスターに何度も登場した名物駅・名物区間を味わえる四国の観光列車「伊予灘ものがたり」が、間もなくラストランを迎えます。

 伊予灘ものがたりは、愛媛県の松山駅と八幡浜駅のあいだで、瀬戸内海を間近に眺められる、愛ある伊予灘線で運行される観光列車。2014(平成26)年より、キハ47形ディーゼルカーを改造した専用列車、松山運転所所属のキロ47形が使用されていますが、2021年12月27日をもって運行を終了します。引退迫るキロ47形の伊予灘ものがたりに乗車しました。

18きっぷポスターの旅情を“豪華に”味わってきた 間もなく終...の画像はこちら >>

キロ47形伊予灘ものがたり(乗りものニュース編集部撮影)。

双海編(伊予大洲10時56分→松山13時11分)に乗車

 伊予灘ものがたりは、運行時間と区間により「大洲編」「双海(ふたみ)編」「八幡浜編」「道後編」という4つの“物語”に分けられて営業されています。「双海編」は日中に運行され、伊予大洲駅から愛ある伊予灘線を走行し松山駅を目指します。

 伊予灘ものがたりを含む観光列車は日本全国いたる所で走っていますが、もともと普通列車で使用されていた国鉄型車両を改造して観光列車にした例は少なくありません。伊予灘ものがたりのキロ47形も同じで、元々は高徳線や牟岐線、鳴門線を走行していた車両が一度廃車になり、改造のうえ2014年7月に“復籍”したものです。


この記事の画像

「18きっぷポスターの旅情を“豪華に”味わってきた 間もなく終了「伊予灘ものがたり」」の画像1 「18きっぷポスターの旅情を“豪華に”味わってきた 間もなく終了「伊予灘ものがたり」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク