見敵必撮! 専用「ファントムII」駆る空自偵察部隊とそのお仕事

見敵必撮! 専用「ファントムII」駆る空自偵察部隊とそのお仕事
       

航空自衛隊唯一の偵察専門部隊は、専用の偵察仕様「ファントムII」、RF-4EとRF-4EJを使用しています。どのような機体で、そしてその偵察任務はどのように行われているのでしょうか。

いまなおフィルム撮影、偵察仕様「ファントムII」

 雲ひとつない冬の空に、2機のジェット機の影が見えました。百里基地上空に舞い戻ったジェット機は、航空自衛隊が保有する戦術偵察機であるRF-4EとRF-4EJです。この機体には、乗員たちが命懸けで撮影してきたフィルムが搭載されています。

見敵必撮! 専用「ファントムII」駆る空自偵察部隊とそのお仕事の画像はこちら >>

訓練空域に向けて離陸するRF-4E(矢作真弓撮影)。

 独特な甲高い音を奏でながら、駐機場へ戻ってくる2機の偵察機たち。エンジンが切られると、給油やタイヤ交換などの整備作業と同時に、撮影してきたフィルムが秒単位の早業で取り出されます。取り出したフィルムはすぐに偵察情報処理隊へと運ばれていきます。

 RF-4E/EJとは1960(昭和35)年からアメリカ軍で使用されていたF-4戦闘機シリーズの仲間です。航空自衛隊では1974(昭和49)年度から1975(昭和50)年度にかけて、当時としては最新鋭だったRF-4E戦闘機を14機導入しました。

見敵必撮! 専用「ファントムII」駆る空自偵察部隊とそのお仕事

離陸準備中のRF-4EJ。機首に20mmバルカン砲が見える(矢作真弓撮影)。
見敵必撮! 専用「ファントムII」駆る空自偵察部隊とそのお仕事

RF-4Eの偵察カメラからフィルムを取り出す(矢作真弓撮影)。
見敵必撮! 専用「ファントムII」駆る空自偵察部隊とそのお仕事

運ばれてきた撮影済みフィルム。フィルムはコダック製(矢作真弓撮影)。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。