進む空港民営化、航空会社の参入はアリなのか 否定していた国が一転、その経緯と現状

進む空港民営化、航空会社の参入はアリなのか 否定していた国が一転、その経緯と現状
拡大する(全7枚)

地方空港の民営化が加速するなか、航空会社がその運営権の獲得に動くことについて、当初否定的だった国や地元の考えが一転しています。何が問題で、なぜ風向きが変わってきたのでしょうか。

空港民営化と航空会社の関係、風向きに変化

 国や自治体が管理する地方空港を民営化する動きが加速しています。経営の効率化、活用の最大化などが目的です。

進む空港民営化、航空会社の参入はアリなのか 否定していた国が...の画像はこちら >>

新千歳空港。2020年6月から民営化される(画像:Photock)。

 2016年4月の関西エアポート(日本のオリックスとフランスのヴァンシ・エアポートが設立した運営会社)による関西空港および伊丹空港の民営化を皮切りに、仙台(2016年7月)、高松(2018年4月)、神戸(2018年4月)、静岡(2019年4月)、福岡(同)が相次いで民間経営に移行しました。2019年7月には、北海道7空港(新千歳、函館、旭川、帯広、釧路、女満別、稚内)の運営権委託における優先交渉権者が、新千歳空港ターミナルビルを管理する北海道空港株式会社を筆頭企業とした17社もの大コンソーシアム(企業連合)に決定しました。オリンピックイヤーとなる2020年には、その北海道7空港と熊本が民営化されることで、一連の空港民営化は大きな山を越えていくことになります。

 2019年7月時点で民営化の方針が決定し、その事業者選定プロセスに入っているのは広島空港のみで、長崎、鹿児島なども民営化の話が浮上していますが、長崎については新幹線の「フル規格化問題」がひとつの壁になっています。この行方次第で、大阪から長崎までの新幹線の所要時間が4時間40分(一部在来線活用の場合)なのか、3時間15分(全線をフル規格の新線として整備した場合)なのかという「航空vs新幹線」の優劣を分ける差が生じることから、長崎空港民営化の応募者が手を上げるには不透明要素が大きく、民営化方針を決定するにはもうしばらく時間がかかりそうです。これ以外では北九州空港で民営化の話があるものの、後述するように事情がやや複雑です。


この記事の画像

「進む空港民営化、航空会社の参入はアリなのか 否定していた国が一転、その経緯と現状」の画像1 「進む空港民営化、航空会社の参入はアリなのか 否定していた国が一転、その経緯と現状」の画像2 「進む空港民営化、航空会社の参入はアリなのか 否定していた国が一転、その経緯と現状」の画像3 「進む空港民営化、航空会社の参入はアリなのか 否定していた国が一転、その経緯と現状」の画像4
「進む空港民営化、航空会社の参入はアリなのか 否定していた国が一転、その経緯と現状」の画像5 「進む空港民営化、航空会社の参入はアリなのか 否定していた国が一転、その経緯と現状」の画像6 「進む空港民営化、航空会社の参入はアリなのか 否定していた国が一転、その経緯と現状」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク