神戸ポートライナーの「混雑問題」 難しい抜本的改善 策はあるのか?

「ポートライナー」は、神戸市の中心部・三宮と人口島「ポートアイランド」を結んでいますが、慢性的な混雑が課題といいます。混雑の理由には、土地のやり繰りに苦心する神戸市ならではの事情がありました。

もともとは「博覧会行き」の鉄道

 神戸市の南側の沖合に浮かぶ人工島「ポートアイランド」は、1981(昭和56)年に造成されました。東京ドーム140個分ほどもあるこの島には、約2万の人口だけでなく、約300社の企業や10校ほどの高校や大学が集まり、歓楽街も多い神戸市の中心部とは違った役割を持っています。この人工島と三宮駅(神戸市中央区)を、新交通システムの神戸新交通ポートアイランド線「ポートライナー」が結んでいます。

 人工島の第一期工事が完成してすぐ、敷地全体を使った博覧会「ポートピア81」が開催され、ポートライナーは1600万人もの来場者を運びました。

神戸ポートライナーの「混雑問題」 難しい抜本的改善 策はあるのか?

三宮のオフィス街を抜けていくポートライナー。三宮駅を出てすぐのカーブ以外は直線が多い(2019年7月、宮武和多哉撮影)。

 博覧会の開幕当時は、地元の子供に替え歌で揶揄されるほど運行に苦労し、閉幕後にはすっかり客足が落ち着いたポートライナー。しかし開業から40年近くが経過した現在、「混雑」が課題となっています。平日朝8時台の三宮駅には常に乗客が押し寄せ、6両編成で定員300人の無人運転列車が2分に1本は発車していますが、ホームにはみるみる行列ができます。三宮駅は始発駅であるものの、座席はおろか吊り手の確保にも苦労する状況です。


乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年11月20日の経済記事
「神戸ポートライナーの「混雑問題」 難しい抜本的改善 策はあるのか?」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    歴代の神戸市長が悉く無能なのよね....長期的展望でなく、目先の利益ばかりに目が眩んでさ。 神戸ブランドに胡座をかき過ぎ!

    3
  • 匿名さん 通報

    幼稚園から高校まで過ごした大切な街が今や人口流出が止まらないオワコンに成り果てるとは...平清盛公が目をつけた、ポテンシャル高い街なんだから頑張れ!!

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。