「大垣夜行」を知っているか?「ムーンライトながら」前身 直角シート 駅で長時間待ち

青春18きっぷ愛好者におなじみの夜行快速「ムーンライトながら」。その前身は「大垣夜行」と呼ばれた全車自由席の普通列車でした。165系、373系、185系と使用車両が変わるなか、筆者の「大垣夜行」初乗車から35年間を振り返ります。

青春18きっぷを最大限に利用すべく、カギとなった戸塚駅

 今年も「青春18きっぷ」の冬シーズンがやってきました。青春18きっぷといえば「ムーンライトながら」。東京駅と大垣駅(岐阜県大垣市)を結ぶ夜行快速列車です。青春18きっぷ利用者にとって、遠方に行く時の定番といえます。また、近年はコミックマーケットなどのイベントに行く人の節約旅行手段としても注目されています。

 年配の鉄道ファンは「ムーンライトながらって、昔は大垣夜行だったよね」「グリーン車に乗りたかったな」「自由席だから東京駅へ早く行って並んだよね」などと言います。「大垣夜行」とは、どんな列車だったでしょうか。筆者(杉山淳一:鉄道ライター)の思い出ともに振り返ります。

「大垣夜行」を知っているか?「ムーンライトながら」前身 直角シート 駅で長時間待ち

「ムーンライトながら」に使われた373系電車(2003年10月、杉山淳一撮影)。

 東京から大阪へ、あるいはその先へ向かう普通列車は、東海道新幹線開業前まではたくさんあったそうです。大垣夜行は東海道本線の夜行普通列車の生き残りです。この列車が注目されはじめたきっかけは、1982(昭和57)年に発売された「青春18のびのびきっぷ」でした。現在の青春18きっぷの原型です。このとき、「日付が変わる戸塚までのきっぷを買って大垣夜行に乗れば、1日分のきっぷを0時過ぎから使い始めておトク」というワザが、鉄道趣味誌などで紹介されました。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月19日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。