山形新幹線車内に足湯 つくってみた 大変身したJR車両 E3系「とれいゆ つばさ」とは

鉄道車両のなかには、当初の役割を終えたのち大改造され、見違えるほど“変身”したものがあります。そのひとつが、秋田新幹線を走ったE3系電車を改造し、現在は山形新幹線を走る「とれいゆ つばさ」です。

車内に足湯が E3系新幹線を改造「とれいゆ つばさ」

 鉄道車両のなかには、改造で大変身したものもあります。

 国鉄末期に登場した、団体貸切列車や臨時列車用の「ジョイフルトレイン」は、長らく在来線の車両ばかりでした。2014(平成26)年、初めて登場した新幹線のジョイフルトレインが「とれいゆ つばさ」です。秋田新幹線用にE6系電車が導入されたことで余剰となった、E3系電車を改造して生まれました。

山形新幹線車内に足湯 つくってみた 大変身したJR車両 E3系「とれいゆ つばさ」とは

E3系新幹線を改造した「とれいゆ つばさ」。車内に足湯がある(伊原 薫撮影)。

 列車名となっている「とれいゆ」とは、「トレイン(列車)」とフランス語で太陽を意味する「ソレイユ」を合わせた造語で、同時にこの列車の特徴を暗に表しています。その特徴とは、下り方最後尾の16号車に設置された足湯です。なんと「とれいゆ つばさ」は、車内で足湯が楽しめる列車なのです。

不思議なE3系「とれいゆ つばさ」お湯の動き

「とれいゆ つばさ」の足湯は、もともとあった座席をすべて撤去し、ひざ丈ほどの高さの浴槽をふたつ設置。浴槽のなかにはアクリル製の仕切りがあり、列車が揺れてもお湯が波打たないように工夫されています。とはいえ、加速するときやカーブを通過するときにはお湯の高さが変わるなど、列車ならではの不思議な感覚が味わえます。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。