吉沢亮、素を出し過ぎて現場で気付かれず!?「吉沢さん待ちでーすって事があって・・・」

吉沢亮、素を出し過ぎて現場で気付かれず!?「吉沢さん待ちでーすって事があって・・・」

【さらに写真を見る】吉沢亮、素を出し過ぎて現場で気付かれず!?「吉沢さん待ちでーすって事があって・・・」

広瀬すずがコメディに初挑戦することでも話題の映画『一度死んでみた』(3月20日公開)の完成披露“試写” ならぬ、完成披露“ミサ”イベントが開催された。本作は、広瀬すずのほかに、吉沢亮、堤真一といった超豪華キャストらが集結し、「2日間だけ死んじゃう薬」をめぐる大騒動を描いたハートフルコメディ。脚本はソフトバンク「白戸家」シリーズなどで知られる澤本嘉光、監督はau「三太郎」シリーズなどを手掛けた浜崎慎治が務め、そんなCM界のヒットメーカーによるタッグも注目を集めている。

吉沢亮、素を出し過ぎて現場で気付かれず!?「吉沢さん待ちでーすって事があって・・・」
広瀬すず ?2020 松竹 フジテレビジョン 画像 2/4

豪華キャスト陣が撮影以来初めて勢ぞろいしたこの日、映画のタイトルにちなんで青白くライティングされたピンク色の棺桶から広瀬らキャストらが一斉に登場すると会場からは悲鳴も似た歓声が。本作で、反抗期こじらせ女子・七瀬役を演じた広瀬は「私の中にあるやさぐれ精神がパーンと出た感じがあって、気持ちよく発散のような感覚でセリフが出るようになりました。気持ちよかったなと思います」と初のコメディ出演を語ると、浜崎監督からは「ハマり役だった。」との太鼓判にニンマリする場面も。

一方、七瀬と行動をともにする、存在感ゼロのゴースト社員・松岡役の吉沢は、本作でこれまでのイケメンオーラを完全封印。自身の役作りについて「表面的には前髪を伸ばして、メガネをかけたりしましたが、内面的なところでは、ほぼ役作りしていない。僕自身めちゃめちゃ根暗なので、素の吉沢亮でやっていました」とまさかの告白に会場がザワツク場面も。さらに、現場でも存在感のなさを発揮していたそうで、「基本、気づかれないので、自分がいるのに“吉沢さん待ちでーす!」と言われた現場でのエピソードに苦笑いしていた。七瀬の父で、科学オタクの変人社長・計(はかる)を演じ、実際に娘がいる堤は、七瀬から罵られる役どころに関して「いずれ言われるだろうな、と。いいシミュレーションになりました」とコメントした。


あわせて読みたい

吉沢亮のプロフィールを見る
WWSチャンネルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「吉沢亮 + 映画」のおすすめ記事

「吉沢亮 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「吉沢亮 + 表紙」のおすすめ記事

「吉沢亮 + 表紙」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中村倫也」のニュース

次に読みたい関連記事「中村倫也」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月25日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 吉沢亮 Instagram
  2. 吉沢亮 ドラマ
  3. 吉沢亮 仮面ライダー

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。