種類で効果がまったく異なるクルマのワックスとコーティング! 違いと選び方とは

ワックスやコーティングの役割は塗装の劣化を抑えること

塗装というのは樹脂なので、劣化はどうしても避けられない。そのため水分や汚染物質などから保護する必要があるが、その際に使用するのがワックスやコーティングだ。



ボディに塗るものはなんでもワックスと呼ぶ傾向もあるが、ワックスとコーティングはまったくの別物。ワックスは油分などを主成分として、塗装の上に付着しているだけ。そもそも持続期間は短いし、保護力もそこそこだ。一方、ツヤなどには優れる。コーティングは完全なる化学薬品で、塗装に対して化学的に結びつくので持続力だけでなく、保護力も強い。



種類で効果がまったく異なるクルマのワックスとコーティング! 違いと選び方とは



以前であればツヤに欠けるとか、施工に手間がかかるなどの問題があったが、最近のユーザー向けのものなら逆に洗車あとの濡れたボディに直接かけられたりして非常にラク。ツヤもかなりクリアになって、満足度も高くなってきた。



コーティングはポリマー系とガラス系の2種類に分けられる

ただ、ひと口にコーティングと言っても、ワックス同様に種類がある。大きく分けると、ポリマー系とガラス系で、前者はフッ素やテフロンを主成分とした樹脂。施工が簡単だったり、価格が安かったりするが、もちは半年から1年ぐらいと、そこそこ。ワックスの延長線上にあるようなイメージだ。



種類で効果がまったく異なるクルマのワックスとコーティング! 違いと選び方とは



ポリマー系は、コーティングを広めた立役者でもあるのだが、最近人気で主流になっているのがガラス系だ。ガラス系と呼ばれるのはガラスと同じ、シランやシラザンなどといった珪素系が主成分だから。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る 2019年9月15日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら