映画「フォードvsフェラーリ」はどこまで忠実? ル・マン出場経験のあるレーシングドライバーが詳細チェック!

映画「フォードvsフェラーリ」はどこまで忠実? ル・マン出場経験のあるレーシングドライバーが詳細チェック!

映画に登場するル・マンのコースや会場の雰囲気を解説

皆さん、お正月休みはいかが過ごされましたか。私は正月休みもそこそこに中国の北京に渡り現地での試乗企画に参加してきました。



既報のとおりこの企画での撮影ロケ中に、撮影班が飛ばしていたドローンが試乗中のクルマのフロントガラスに激突し、ガラスを突き破って私の右顔面に当たり受傷してしまいました。ヘルメットとレイバンのサングラスを着用していたため眼球への直撃は回避できましたが、右目が酷い結膜下出血を起こす怪我を負ってしまいました。すぐに帰国したかったのですが、飛行機の減圧で眼球破裂の恐れもあるという診断で1日安静にしたのち帰国したのでした。幸い北京からのフライト時間は3時間半と短く、超高高度で飛んでいる時間も1時間弱と短かったので眼球へのダメージもなく無事帰国した次第です。



帰国後の診察では3週間の安静が必要と診断され、試乗や執筆など制限が発生しましたが、おかげで気になっていた映画「フォードvsフェラーリ」を視聴することができたので、お約束どおりその印象をリポートさせていただきます。



舞台は1966年に開催されたフランスのル・マン24時間レース。奇しくも以前のお薦め映画リポートで最高! と評したF1映画「グラン・プリ」の舞台シーズンとなった1966年と符号する。この当時は僕自身はまだ小学校低学年であり、日本でル・マンの中継が観られる時代でなかったので実際のストーリーは映画を観て初めて知った。主人公マッド・デイモンが扮するチームマネージャーとして登場するアメリカン・スーパースター「キャロル・シェルビー」の名前だけは知っていた程度。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「映画「フォードvsフェラーリ」はどこまで忠実? ル・マン出場経験のあるレーシングドライバーが詳細チェック!」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    レイバンのサングラスの話とか必要ないし

    2
  • 匿名さん 通報

    「漆黒の闇」は真実。

    1
  • 匿名さん 通報

    FORD GT 40は車高が約1mだが、馬鹿な日本の自動車評論家が「車高は120cm」と紹介していた。1インチを3センチと思い込んでる阿呆であった。

    0
  • 匿名さん 通報

    出場するだけならあのマッチだってできた。

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。