「昔はもっと燃費よくなかった?」と感じたら試すクルマの「燃費回復術」6つ

「昔はもっと燃費よくなかった?」と感じたら試すクルマの「燃費回復術」6つ

燃費はもちろんエンジン本体の保護にオイルはとても重要

燃費というのはクルマにとって健康のバロメーターで、調子が良ければいいし、悪ければ悪化してくる。当然調子がいい状態が基準になり、そのときの燃費からどう変化するかが気になる存在である。じつはバリバリの新車時はまだエンジン内部にアタリが付いていない。燃費にとってはいいとは言えない状態で、5000kmから1万kmぐらいからが、いい感じだろう。



ただし、それ以降は次第に落ちてくることもあったりして、なんとか新車のころに戻したいと思ったりもする。もちろん機械としての消耗もあるので、完全に元に戻すことは不可能だが、近い状態に戻すことは可能だ。今回は復活のポイントを紹介しよう。



1)オイル選び

オイルの粘度は純正指定であれば、低燃費車なら0W-20は当たり前、0W-16の採用もどんどんと進んでいて、0W-8や0W-12の普及も進みそうと、超低粘度化は進むばかりだ。もちろん抵抗を低減させて省燃費を狙っているのだが、消耗が進んで5万kmあたりになると気密性が落ちてきて、そうなると超低粘度オイルだときつくなってくることがある。



対策として、ワンランク程度、粘度を上げてやると、気密性の向上で燃費が回復傾向になるだけでなく、内部の保護力もアップする。



「昔はもっと燃費よくなかった?」と感じたら試すクルマの「...の画像はこちら >>



2)添加剤

気密性を高めるものやフラッシング機能のあるもの、そして抵抗を減らしてくるものなどさまざま。最近は少量生産ながら、こだわって作っているインディーズ的なオイル&添加剤メーカーがいくつかあるので、楽してみるのもいいだろう。


当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。