マツダMX-30の使い勝手から走りまで徹底分析! 観音開きになっただけじゃなかった【試乗】

マツダMX-30の使い勝手から走りまで徹底分析! 観音開きになっただけじゃなかった【試乗】
       

ファミリー層は観音開きドアがメリットになる!

CX-3からCX-8まで、多彩なクロスオーバーSUVを揃えるマツダから、2020年唯一の新型車として登場したのがMX-30だ。CX-30をベースに、RX-8を思い出させる観音開きドア=フリースタイルドアを採用し、パワートレインはすでに欧州で発売が開始されているピュアEV(日本でも2021年1月に発売)、そしてこの10月に国内仕様としてリリースされたマイルドハイブリッド、さらには2022年にロータリーエンジン×レンジエクステンダーモデルも用意される予定だ。



ここではMX-30の日本仕様第一弾として登場した、マツダ初の電動車でもあるマイルドハイブリッド仕様をリポートしたい。



マツダMX-30の使い勝手から走りまで徹底分析! 観音開きにな...の画像はこちら >>



クロスオーバーSUVというより、クーペクロスオーバーと呼ぶのが相応しいMX-30のボディサイズは全長4395mm×全幅1795mmと、CX-30と同一。2655mmのホイールベースもまたCX-30と変わらない。違いは全高がCX-30より10mm高い1550mmになることと、フリースタイルドアまわりの補強によって車重が60kg増し(CX-30のスカイアクティブG比較)となり、に最低地上高がCX-30の5mm増しになる180mmとしたことぐらい。室内寸法もまた、CX-30とほとんど同じと言っていい。



マツダMX-30の使い勝手から走りまで徹底分析! 観音開きになっただけじゃなかった【試乗】



では、MX-30はCX-30にただフリースタイルドアを付けただけのクルマか、と言えば、見た目どおり、まったくそうではない。クーペライクなエクステリアデザインでは、フロントグリルがシュッとした小顔になり、フロントバンパーも、つるりとしたシンプルな造形になっている。モデルラインアップもモノグレードとし、2WDとAWDが選べるのみ。そうしたシンプルな商品性は、これまでの熱心なマツダファンだけでなく、クルマ選びに慣れていない、運転初心者や子育て世代を含む、より多くのユーザーにアピールしたい狙いがそこに込められていると考えていいだろう。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マツダ」に関する記事

「マツダ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マツダ」の記事

次に読みたい「マツダ」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。