事故のリスク増大! 冬が終わってもスタッドレスを履き続けてはいけないワケ

事故のリスク増大! 冬が終わってもスタッドレスを履き続けてはいけないワケ
拡大する(全2枚)

ウェットではとくに運動性能の差が広がる

3月になり、そろそろ桜の開花が気になる頃。冬の間履いていたスタッドレスタイヤもそろそろ夏タイヤへの履き替えの季節。



気象庁のホームページから、「過去の気象データ検索」→「都府県・地方を選択」→「霜・雪・結氷の初終日と初冠雪日の平年値を表示」をクリックし、ここで自分の生活圏の「霜・雪・結氷の終日」の平年値を確認して、タイヤ交換の予定を組むといいだろう。



しかし、なかにはズボラな人もいて、春になっても夏タイヤに履き替えず、スタッドレスタイヤを通年使用する人が少なからずいる。これははっきり言ってやめて欲しい。



事故のリスク増大! 冬が終わってもスタッドレスを履き続けては...の画像はこちら >>



理由は、ドライのアスファルト路面では、夏タイヤに比べ、走る・止まる・曲がるという運動性能が著しく劣るため。



JAFが行なったユーザーテストを見てみよう。夏タイヤ(5部山)とスタッドレスタイヤ(5部山=プラットホーム出現)の直線ブレーキテスト。



・ドライ 時速60kmからの平均制動距離
夏タイヤ 16.3m スタッドレスタイヤ 18.8m(その差 1.15倍)



・ドライ 時速100kmからの平均制動距離
夏タイヤ 44.1m スタッドレスタイヤ 51.1m(その差 1.16倍)



・ウエット 時速60kmからの平均制動距離
夏タイヤ 16.7m スタッドレスタイヤ 20.3m(その差 1.26倍)



・ウエット 時速100kmからの平均制動距離
夏タイヤ 50.8m スタッドレスタイヤ 72.2m(その差 1.42倍!!!)




この記事の画像

「事故のリスク増大! 冬が終わってもスタッドレスを履き続けてはいけないワケ」の画像1 「事故のリスク増大! 冬が終わってもスタッドレスを履き続けてはいけないワケ」の画像2

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。