乃木坂46・生田絵梨花の天才で奇才?な魅力

乃木坂46・生田絵梨花の天才で奇才?な魅力

乃木坂46のメインメンバー・生田絵梨花。ピアノが弾けて歌唱力も高く、近年では自身の夢だったミュージカル女優としての活動も増えている。才色兼備という言葉がふさわしいほどの魅力を持つ彼女だが、歌っている姿、演技をしている姿からは想像できないような意外な一面があった。

ドイツ生まれのお嬢様?生田絵梨花がアイドルになるまで

生田絵梨花は、アイドルグループ「乃木坂46」にて活動しているアイドル。生まれはドイツのデュッセルドルフで、1997年1月22日に生田家の次女として誕生した。

一生ドイツで生活を送っていた可能性もあったそうだが、父親の仕事の関係で5歳から東京に住み始めている。移住当初は東京の音に慣れず、寝つきが悪かったという。

その後、小学生の頃に見たアニーがきっかけで舞台に興味を持つようになり、舞台女優を志すようになる。舞台の魅力については「座っているこっちも参加している感じ」などに衝撃を受けたと話している。また、アニーのオーディションに応募した経験もあるが、こちらは書類審査の段階で落選している。

これらの経歴が影響し、乃木坂46の冠番組「乃木坂って、どこ?」の初期などではお嬢様キャラとして周囲からもてはやされることもあった。現在でこそニックネームはいくちゃんに落ち着いているが、一時期のあだ名はエリカさまだった。

生田絵梨花のニュースまとめ

「ステージに立つ」ことを夢見て乃木坂に応募


アイドルグループの乃木坂46と、舞台女優を目指す生田絵梨花。一見つながりが無いようにも見えるが、生田には「ステージに立つ」という目標をベースとして持っていた。

ドキュメンタリー映画 Documentary of Nogizaka46の中で、生田は「歌って踊ってという所は一緒」「学生でこの時期に1期生募集って、人生で多分1度きり」と、応募の動機を語っている。

しかしながら、いざ合格したときには動揺した様子も見て受け取れる。乃木坂のオーディションの前には、「一生懸命やります」と言いながら涙し、グランドピアノを買ってもらっていた。1日中ピアノを練習していた時期もあったため、今後について悩んでいたという。

ちなみに、乃木坂1期生オーディションの合格者発表時には間違えて「いわたれいか」と呼ばれてしまった。

名プロデューサー 故・佐久間正英は親戚


GLAY、筋肉少女帯、L'Arc-en-Cielといった日本の名だたるロックバンドをプロデュースした佐久間正英氏とは親戚にあたり、父親の従兄弟同士という関係。乃木坂46の7枚目シングル「バレッタ」のDVD特典の中で初めて共演を果たし、佐久間氏のアルバムであるSAKURA DROPSに収録された「Last Days」でも、生田はピアノで共演している。

佐久間氏は2014年1月16日にスキルス胃がんで亡くなり、生田が参加したLast Daysが遺作となっている。

「君の名は希望」で共演したことをうれしく思ってくださっていたこと
TEPPENの「そばかす」を起き上がって見てくださっていたこと
亡くなる日に「Last Days」を聴いて「最高だ」と仰っていたことを
お聞きしました。

本当に
残された時間を一緒に過ごすことができて幸せでした。
佐久間さん | 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ

乃木坂・生田絵梨花 ミュージカル志望の少女はなぜアイドルに?
生田絵梨花、ドイツ生まれのエリート天才少女はなぜ乃木坂46を目指したのか?
井上芳雄×生田絵梨花×坂本昌行、トニー賞授賞式中継OPでコラボ
乃木坂46生田絵梨花・衛藤美彩・桜井玲香のユニット曲が「めざましどようび」テーマソングに
乃木坂46 “マイペース世代”5人が成人式、生田の夢は「マスター、いつもの」
乃木坂46真夏の全国ツアー神宮千秋楽、37人のアイドルが戦った「乃木坂らしさ」

特技のピアノを活かしてさまざまな番組に出演

姉の影響で4歳から習い始めたピアノ


生田はピアノを特技としているが、元々はドイツにいた頃から姉の影響を受けて習っていた。しかし、当初はピアノの練習に対して義務感を抱いていたという。帰国後もピアノを続けるためにピアノ教室に入れたが、生田曰く「すごいスパルタ」。生田の母も入れるところを間違えたというほどだった。

ただ、この頃の特訓が生きたのか、乃木坂に加入した後の2011年には日本クラシック音楽コンクールで入賞するほどの腕前に成長。グループ内では他にもピアノを特技としていたメンバーがいたものの、生田の才能が特に秀でていたため、特技がピアノだと名乗りにくいとも言われていた。

乃木坂46のシングル「夏のFree&Easy」で、生田が唯一シングル楽曲のセンターから外れたのも、ピアノが遠因だった。「気付いたら片想い」発売の約1週間後に行われた握手会で、次のシングルには出ないとファンに伝え、2014年6月28日から休業している。

休業の理由については進学準備とあり、ドキュメンタリー映画では「中途半端が嫌だった」「でも両方やっていたからこそ、今の自分が作られていると思う」と述べ、当時の苦悩を吐露している。

その後、大学には合格し、音楽大学のピアノ科に進学。乃木坂に復帰した直後の新曲は、ピアノのイントロが特徴的な「何度目の青空か?」。この曲で生田は初めてセンターを務めることになる。また、乃木坂46初のアルバム「透明な色」にはあなたのために弾きたいという生田のソロ曲が収録されており、彼女の半生を彷彿とさせる歌詞になっている。

ピアノだけではなく、クラシックバレエや習字、数学などの習い事をこなし、学生の頃から多忙な日々を送っていた。他にもスケート教室に通う予定もあったが、初日に足を骨折をしてしまい、それ以降スケート自体経験したことが無いという。この骨折はスケートが原因ではなく、スケート教室に行く途中の道で、自転車の車輪に足を巻き込んでしまったため。

また、ドイツ語については、幼少期のビデオでこそ喋っている姿を確認できるが「すっかり忘れてしまった」という。

バラエティ番組のピアノ演奏対決で腕前を披露


生田のピアノの腕前は、冠番組「乃木坂って、どこ?」での披露を皮切りに、様々な番組で披露。ミュージックステーションでの新曲披露時などでも、ダンスや歌を披露するメンバーとしてではなく、原曲に混ざる形でピアノを演奏するメンバーとして参加することが何度もあった。

フジテレビ系で放送された「芸能界特技王決定戦 TEPPEN」では、ピアノのスキルを競うこともあった。対戦相手は「公式ライバル」AKB48の松井咲子(当時)。準備した曲は、生田よりも早く誕生したJUDY AND MARYのそばかす。この演奏を聴いた中島啓江は「私でも楽しく踊れそうな演奏」と評価した。

フジテレビ系「残念な夫。」では、プロのピアニストを夢見る細井美香役でドラマに出演。自身の生い立ちに近い女子高校生を演じた。また、手塚治虫の漫画を原作とした舞台「虹のプレリュード」では、主役のルイズ・コルドックを演じ、ピアノの生演奏も行っている。乃木坂がキャストの主要枠を固めた「初森ベマーズ」では、ショパンというあだ名の付いた高校生に。絶対音感を活かしたバッティングを行うソフトボール選手を演じている。

「MTV Unplugged」にて、乃木坂初となるソロコンサートを開催した時にもピアノを披露。記念すべき初めての紅白歌合戦で披露した「君の名は希望」を弾き語りで披露した。

大島優子 乃木坂46生田絵梨花と初対面「志は一緒だった」
乃木坂46・白石麻衣、生田絵梨花らがバンド結成!? マウスコンピューター新CM
乃木坂46白石麻衣・生田絵梨花らサプライズに涙 「あさひなぐ」初日
乃木坂46・生田絵梨花、連ドラ初レギュラー「心情をメロディーに」ピアノ演奏も披露
乃木坂46の代表曲がメトロ乃木坂駅の発車メロディーに 生田絵梨花がピアノでレコーディング
乃木坂46メンバーの恥ずかしい睡眠事情とは…? 寝顔に寝言を大暴露!

乃木坂での初センターは「何度目の青空か?」

生田絵梨花がシングル表題曲でセンターポジションを獲得したのは、乃木坂46にとって節目となる10枚目シングル「何度目の青空か?」だった。この曲はauが販売するスマートフォン「HTC J butterfly」とのタイアップに使われており、2014年8月19日に行われたスマホの発表会にて初披露された。このシングルでは、生田と仲の良い斎藤ちはる(2018年7月16日卒業)が初めて選抜メンバーに選ばれている。

また、カップリングでは「私、起きる。」「転がった鐘を鳴らせ!」の2曲でセンターになった。なお、楽曲全体では8枚目シングル「気づいたら片想い」に収録されている「ダンケシェーン」にて初センターを務めた。

乃木坂46、10枚目のシングル『何度目の青空か?』を初披露
新センター:生田絵梨花率いる乃木坂46、新曲『何度目の青空か?』のMVは学園青春ストーリー
復帰した生田絵梨花も登場!乃木坂46のNEWシングル『何度目の青空か?』特典映像「個人PV」が完成
乃木坂46がエプロン姿で接客!ニューシングルリリース記念でcafeがオープン
乃木坂が47.9万枚の好スタート、デビュー以来最高の初週売上記録。
乃木坂・生田絵梨花がグループを辞めようと思った瞬間はあったのか?

「IH事件」や「変なやつ」… 生田絵梨花が生んだ伝説

乃木坂のイメージ以上に、清楚でおしとやか、そしてお嬢様のようなイメージを抱かせる経歴だが、実際は非常にテンションが高く、メンバーから奇怪な行動の証言が相次いでいる。

「エリカさま」のイメージが剥がれ落ちる引き金になった代表的な出来事として、冠番組「乃木坂って、どこ?」で行った料理企画が挙げられる。この時生田に出されたお題は「だし巻きたまご」なのだが、割った生卵を計量カップに落とし、泡立て器で数秒溶いた後、IHヒーターをフライパンだと勘違いし、そのまま卵を流してしまう。また、流れていく卵をせき止める目的と「だし」の要素を加える目的で、昆布と煮干しをプレート上に追加した。

過ちに気づいた生田は、卵でべちょべちょになったヒーターの上で料理を作り直すのだが、卵と塩昆布、ローリエを玉子焼き器に乗せ、ひたすらしゃもじでかき混ぜていく。生田流のだし巻きたまごは一応完成したものの、MCのバナナマンとゲストのアンジャッシュから「クッキングモンスター」と呼ばれてしまう。後に「乃木坂工事中」の企画で過去を振り返った時には、一生懸命やった結果だったと語った。


IH事件の後に行われた料理対決企画でも「おにぎりを固めるための粘着剤」がないか尋ねるなど、料理に関してはまるで苦手だったのだが、手作りの弁当を披露する企画では、リベンジとして正しいだし巻きたまごが入ったお弁当を持ち込んだ。この時のだし巻きたまごについて設楽設は「原始人が急に現代人になった」と評価し、メンバーの高山一実からは「出汁の味がちゃんとしている」と褒められ、最も良い卵焼きに選出された。


日常生活でも、特に夜中になるにつれてテンションがおかしくなるようで、特にライブ後などはバナナマンから「生田の変なやつ」とも称されるような行動を起こしてしまう。これまでテレビなどで紹介されたのは「お腹いっぱい~」と言いながら半分白目でポーズを取る、ムカムカしている時に目の前の人に強く抱きつく、バスの隣で延々喋り続けて寝かせてくれないなど、年齢以上にやんちゃな姿が目立つ。

この時の様子は「うっすらと覚えている」事もあるようだが、基本的には記憶にないという。ライブが終わった後にもう1公演できるとも話していた。

生駒は「移動中のバスで、深夜のテンションで生ちゃんが騒いでいることがあって、『静かに!』と言っても『フゥ〜ッ!』と言われるけど、ひめたんが言うと『はーい』っておとなしくなる」と不満をこぼした
乃木坂46、生田絵梨花が言うことを聞く唯一のメンバーは? 生駒里奈「私が注意しても…」
また、ピアノや歌などの芸術面での才能は特筆すべきなのだが、生田が描くイラストについては乃木坂の中で1位と言っていいほど特徴的。「絵を描く直前に動物の話をしていたから」という理由で四輪になった自転車ほぼ同じ場所から両手が生えた小学生「Oh...」と口にするE.T.のエイリアンなど、数々の秀作を世に送り出した。この絵のセンスは乃木坂の冠番組以外でも取り上げられ、aikoのカブトムシをイラストで紹介するクイズで絵描きのスキルを発揮している。

乃木坂46「生田絵梨花伝説」を本人が語る「検索してほしくない!情報社会ってイヤ…」
ラブラブな乃木坂46生田絵梨花、「幸せ」と呟く
生田絵梨花、“実は大食い”と明かされ「恥ずかしい」 『行列』で成長したリアクション見せる
カレー作りは仲間外れ!?乃木坂46・生田絵梨花が作ってみたい料理BEST3

生田絵梨花の主な出演番組

ドラマ


フジテレビ・ビブリア古書堂の事件手帖…田辺美鈴役
フジテレビ・海の上の診療所…女子大生役
フジテレビ・残念な夫。…細井美香役
テレビ東京・初森ベマーズ…ショパン役
など

バラエティ・音楽番組


・芸能界特技王決定戦 TEPPEN
・行列のできる法律相談所
・ミュージックステーション
・『ぷっ』すま」
・しくじり先生 俺みたいになるな!!
など

乃木坂46生田絵梨花、自分らしく『MTV Unplugged』
乃木坂46・生田絵梨花が地方ロケで感激。「人生で初めて自分の料理が食べられた」
横山だいすけ、乃木坂46生田絵梨花との2ショット公開
乃木坂46・生田絵梨花のピアノ演奏に反響。『TEPPEN』を見たプロピアニストが絶賛。<動画あり>
乃木坂46生田絵梨花、山崎育三郎と『Mステ』初ミュージカル終え「本当に光栄でした」
宮澤佐江、出演ミュージカルを生田絵梨花が観劇 舞台裏ショットに「なんだこのメンツ」

\ みんなに教えてあげよう! /