巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

中目黒に野菜スイーツ専門店がオープン!

このエントリーをはてなブックマークに追加

(上)「パティスリー ポタジエ」のオシャレな店内 (下)トマトのショートケーキ(左)とアボカドのチーズケーキ(右)。見た目も可愛く、低カロリーで栄養もばっちり!

ケーキ大好き! でもカロリーが気になって……という方に嬉しい情報。オーガニックの野菜をメインに使ったスイーツ専門店ができたのだ。カロリーに敏感な乙女(?!)として、これは取材しなくては! 

と、伺ったのは中目黒の目黒銀座商店街にある「パティスリー ポタジエ」というお店。「ポタジエ」とは、フランス語で「家庭菜園」を意味する。4月14日にオープンしたばかりのオシャレな店内には美味しそうなケーキ類がずらり! 見ているだけで心が踊る〜。

まさかこれらが、野菜をメインにしたスイーツとは。よく見るとケーキの上にミニトマトがのっていたり、スポンジの色が薄い緑色だったり、いつもと違うような気はするけれど……。

さて、さっそくオーナーの柿沢安耶(あや)さんにいろいろとお話を伺った。柿沢さんは3年前、栃木県宇都宮市に野菜をメインにしたレストラン「オーガニックベジカフェ イヌイ」を開業し、主に栃木県内で採れる有機野菜を使った料理を提供している。ちなみに「イヌイ」とは、フランス語で「今までに聞いたことのない」という意味。「美味しくて、栄養があって、安心して食べられる」という画期的な店舗を運営する会社にしたい、ということでつけられたそう。そんなレストランで培ったコネクションと経験を活かし、今回、東京にお店を構えることになり、「“毎日の食生活が健康と密接に関係している”という事実に関心を持つキッカケになれば」と、手軽に楽しめる野菜スイーツ専門店をオープンした。

料理研究家のもとでフレンチを学んだり、マクロビオティック(穀物や野菜中心の健康食・自然食)に関する知識も豊富な柿沢さんは、自らがレシピのアイデアを出しつつ、パティシエと相談しながら、かたちにしていく。そんなスイーツ類はどれも素材を活かした、素朴でやさしい味が特徴。

さっそく私もいくつかいただいた。まずは、トマトのショートケーキ。トマトと生クリームの相性がこんなに良いとは! という驚きの一品だ。ふつうのショートケーキと違い、甘さが控えめで後味もとても良い。

他にも、アボカドのチーズケーキや、とうもろこしのミルフィーユなど、かなりいける。特にミルフィーユは、とうもろこしの自然な甘味が絶妙で美味! クセになりそうなお味。

他にも、ごぼうを使ったチョコレートケーキや、小松菜をスポンジに混ぜたショートケーキ、枝豆プリン、などなど盛り沢山。生菓子20種、焼き菓子25種、ジャム4種、チョコレート5〜6種と、常時、豊富に取り揃えられているというから、どれにしようか迷ってしまうはず。

ちなみに一番人気はべジロールだそう。生クリーム自体にカボチャのピューレを練りこみ、さらにその生クリームの中には、ブツ切りにしてあるシナモン風味の煮たカボチャが入れられ、表面の生地には皮付きのカボチャが貼りつけられている。香り、食感、見た目のインパクトと三拍子揃ったロールケーキなのだ。これは定番のカボチャ味と、現在は紫イモを使ったものがあるのだが、いずれはじゃがいもなど旬のものを取り入れていく予定だとか。

まだオープンして間もないけれど、お客さんの年齢層は幅広く、予想以上に男性客も多いそう。お土産に喜ばれそうだし、野菜が苦手な子どもたちにもオススメ。

「美味しさを追求するのはもちろん、健康や安全にまで気をつかったものを提供したい」が、このお店のコンセプト。そんな心意気が感じられるこだわりのスイーツたちは、珍しさやオリジナリティだけでなく、ちゃんと美味しいから、ブームに終わらず、人気はますます高まるだろう。「野菜には可能性がまだいろいろあります」と語る、柿沢さん。今後の展開も楽しみ!
(田辺 香)

「パティスリー ポタジエ」
目黒区上目黒2ー44ー9 
tel:03-6279-7753

2006年5月10日 00時00分

注目の商品