巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

鎌倉土産の定番「鳩サブレー」にグッズがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

どれもカワイイ鳩サブレーグッズ。ちなみに「ハトカー」のナンバープレートは、「鎌倉 810」です。

先日、鎌倉に出かけた際、「鳩サブレー」でおなじみ豊島屋の鎌倉本店で、「鳩サブレー」のグッズを見つけた。

鳩サブレーといえば、鎌倉土産の定番として知られているが、グッズもあったなんて……。
しかも、キーホルダーやレターセット、ボールペン、マグネット、傘など、どれも非常に可愛いデザインである。
これなら友達への土産とか、親にあげても喜びそう。

豊島屋に問い合わせてみると、グッズ展開を始めたのは2001年で、「鳩ぽっぽ」というマスコットからだとか。
「もともと創業100周年など、会社で配布している記念品・粗品として、ハトにちなんだものを作っていたんですが、『鳩ぽっぽ』を作った際に、『一般のお客さんの手に入るかたちにしてみたら?』という意見があり、商品化したんです」

宣伝など一切なく、口コミのみだったため、最初はあまり売れなかったそうだが、02年4月からは、鳩サブレーの色・かたち・質感を忠実に再現したキーチェーンマスコット「鳩三郎」を発売。
他にも、取り外して遊べる「走るボールペン・ハトカー」(なぜカーになる必要があるのかは不明だが、カー部分が取り外せ、しかもプルバックで走る!)など、アイテムが徐々に増えていったという。
ただし、残念ながら、これらのグッズはすべて本店限定販売で、
「鎌倉にお越しいただきたいという意味もあります」
とのこと。

ちなみに、鳩サブレーに入ってくる小冊子「鳩のつぶやき」によると、名前の由来は、欧州航路から戻った友人の船長さんに試作のビスケットを食べてもらったとき、「サブレーちゅう菓子に似とるゾ」といわれ、「サブレー・三郎と云った語呂合わせが頭に焼き付けられた」のがきっかけとか。

鳩三郎の名前は「ハトサブレー→ハトサブロー」といった、ダジャレものではないし、グッズ展開も、粗品から発展していったなど、いまどきグッズ商法にのっていない、愛すべき鳩サブレーグッズ。鎌倉に行った際には、ぜひどうぞ。
(田幸和歌子)

2006年5月23日 00時00分

注目の商品