巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

浴衣美人の膝枕&耳かきで癒される

このエントリーをはてなブックマークに追加

今ならオープン記念価格30分2000円。美女の膝枕にはそこはかとないエロスを感じるが、当然お触りその他のセクハラ行為は厳禁です!

「癒し系」という言葉が流行ったのは、もう何年も前のことだが、時代は巡るものだ。
「萌え」のブームも一段落ついて、再び「癒し」隆盛の兆しがあるとかないとか。
癒し系アイドルとしてブレイクした井川遥が、最近また可愛いじゃん、みたいな話である。

そこで今話題の癒しスポットが、「山本耳かき店」だ。
耳かき好きの社長さんが、「こんな店あったらいいな」という発想で作ったこのお店では、「浴衣姿の美女が膝枕で耳かきをしてくれる」という夢のようなサービスを提供している。

静かな音楽が流れる店内は、暗めの照明で落ち着いた雰囲気。
靴を脱いで畳張りの個室に上がると、ほどなく浴衣姿の「耳かき小町」(耳かきしてくれる女の子)が現れる。在籍している女の子は皆若く、指圧師やエステティシャンによる研修を受けた、耳かきとマッサージのプロだ。

この日、僕を担当してくれたのは、ミカさん24歳。彼女の膝枕で横になり、耳つぼのマッサージに始まり、耳かき、頭と目のマッサージ、肩のマッサージ、と30分のコースを堪能した。
いや〜、耳かきって、こんなに気持ちのいいもんだったのか。
何より綺麗な女の子の膝枕は、それだけで夢心地だ。癒される。癒されるよ、これは。

9月の末にオープンしたばかりの店だが、混雑時には1〜2時間も待ちが出るほどの盛況ぶり。そのため、11月16日に部屋数の多い新店舗に移転した。癒しを求めている男性の何と多いことか。
客層は30〜40代のサラリーマン中心で、だいたいは耳かきしながら眠ってしまうらしい。皆さん疲れてるんですなぁ。

エステ、岩盤浴、温泉……日頃の疲れを癒す手段はいろいろあるが、「膝枕で耳かき」というのはちょっと盲点。ありそうでなかった新サービスだ。

子供の頃、母親に耳かきしてもらった遠い記憶。
あるいは恋人の膝枕で眠った甘い想い出。
そんな懐かしい温もりを呼び覚ます、極上の癒し体験を試してみてはいかが?
(山田真也)

2006年11月19日 00時00分

注目の商品