巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

高島屋の新サービス「お声がけをひかえるおもてなし」を体験

このエントリーをはてなブックマークに追加

このサービスを行っているのは岐阜店と東京・立川店の2店舗。ひとりでゆったりと商品を見たい! 販売員の方に声をかけられるのがニガテ!? という方、是非利用してみては?

先月から百貨店の高島屋で静かにショッピングを楽しみたい、という人に向けて「声かけをひかえる」という新しいサービスがスタートしたという。
現在このサービスを行っているのは、高島屋全国18店舗のうち岐阜店と東京・立川店の2店舗。
サービスを希望する客は、店内のインフォメンショーンカウンターなどでサービスを希望する旨を伝え、「S.E.E.(シー)カード」と呼ばれるカードを受けとり、これを首からかけるだけ。
「S.E.E.」の意味は英語の「Silent(静かな)」、「Easy(ゆったりとした)」、「Each(それぞれ)」の頭文字から取ったもので、「シーッ」という「静かにしてね」という意味とかけて、人差し指を口元にたてるしぐさのイラストが描かれている。

今まで百貨店、デパートのサービスと言えば至れり尽くせりのものが多かったけれど、それとは逆のこうした「放っておいてくれる」というのは個人的には大歓迎だ。気の弱い(?)私は販売員の方に声をかけられると、何か話をしなければ悪いような気がして、気を使って疲れてしまうことがある。これは願ってもないサービス、ということで、さっそく体験してみることにした。

私が向かったのは立川店。
さっそく2階のインフォメーションに行くと、カウンターには「S.E.E.(シー)カード」の利用の案内が。
「店内ではご挨拶程度のお声がけだけになります。どうぞごゆっくりご利用くださいませ」と、とても美しい微笑みとともにカードを渡された。
もうすでにこの時点でかな〜りいい気分になってきた。

百貨店の楽しみは何といっても一カ所にあらゆる分野のものが売られていること。買う目的のもの以外も見て楽しめる。まずは上の階から見て回る。「いらっしゃいませ」と声はかけられるものの、いつも言われる「何かお探しですか?」という声はかからない。ああっ、快適!

そして、婦人服売り場。ここは一番声をかけられる率が高い。
実は母とたまに買い物に行くのだが、母は最近ちょっと耳の聞こえが悪くなっていて、販売員の方に声をかけられても聞こえていない場合があるらしく、結果的に無視してしまうことがある。店員と客という立場はあるにせよ、人から声をかけられて無視するというのは心苦しい。そんなとき、私はできる限り、「すみません、ありがとうございます」と一応、返事はするものの、内心、「これ以上声をかけないでくれ〜」状態である。
「これなんかどうですか?」とか勧められても、好みでない場合とか値段が折り合わない場合は気が弱いので、上手に返す言葉が出ずに早々にその場を立ち去る羽目に。

でも今日は「S.E.E.(シー)カード」という強い味方があるので店内をゆっくり見てまわる。いつもは、「こういうタイプもありますよ」攻撃にさらされて早々に退散する礼服売り場もじっくり。声をかけられない、あれこれ勧められないってとっても気が楽! とあちこちフラフラ見ていると、おもむろに声をかけられた。
「えっ」と振り向くと、「あっ、申し訳ございません、シーカードのお客様でしたか。失礼いたしました」と販売員の方。
カードは首の前にあるので後ろからだと見づらいためか、うっかり声をかけてしまったらしい。私もちょっと一人黙々と歩いているのに飽きてきつつあったので、「いえいえ別に構いませんよ」といつもの「やめてくれ〜」という拒絶の気持ちもなく、心なし穏やかな気分……。

また、この「お声がけをひかえる」サービスは、「接客はしません、セルフでどうぞ」ということではないので、こちらがちょっと聞きたいという雰囲気で視線を向けると、「お伺いしますよ」オーラを出してそれとなくこちらに来てくださる。販売員の方によってはそのタイミングが絶妙で、このあたりはさすが百貨店。

「このサービスはお客様に販売員に声をかけられることをストレスに感じるお客様がいる、ということが当社のサービス調査でわかっておりました。そこでこの度、お客様にゆったりお買い物をしていただけるように、あえてお声がけをひかえるサービスを試験的に始めることにしました。サービス開始は4月4日からですが、約1カ月で立川店では63名、岐阜店では33名のお客様にご利用いただいております(5月6日現在)。ご利用いただいたお客様からは、また利用したいという声も多く聞かれ、立川店では継続していく考えです」と高島屋立川店、広報担当の船田さん。

百貨店といえば、至れり尽くせりのサービスという印象が強いが、それをあえて「ひかえる」というのは逆に販売員の方のスキルがなければできないこと。客が必要とするときに空気のようにすっと手を差し伸べてくれる、というのは最高のサービスのようにも感じる。このサービス、高島屋立川店、岐阜店のみならずもっともっと広まってほしいと思います。
(こや)

高島屋 立川店*店舗情報
高島屋 岐阜店*店舗情報
関連キーワード

2007年5月11日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品