巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

酔って記憶をなくす人たちのトラブル回避法

このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み過ぎも、ほどほどに。

「飲みすぎて、昨夜のこと、あんまり覚えてない」なんて話を、酒飲みの人からよく聞く。

「それでも、不思議と自宅にはたどりついていた」なんて話も多いが、彼らにもそれなりのトラブル回避法があるらしい。
「彼ら」「らしい」などと、そらぞらしく言ってみたが、実は自分自身、酒を飲み始めると、普段の「うっかり」に拍車がかかる自覚があるので、酒を飲むときは、忘れ物をしないように最初から荷物を1個にまとめておいたりする。

「そもそもそんなに飲まなければいい」というのは、もちろん正論。だが、人間は弱い(←言い訳)。せめてもの努力として自分なりに行っている、ささやかすぎるトラブル回避法を、大酒飲みの人たちに聞いてみた。

「いつも大きめのバックを持ち歩いて、荷物を1つにまとめ、貴重品なども全部入れておく。また、カバンを忘れないように、下げカバンを肩にかけたまま飲む。あとは、次の日の用事を手の甲にマジックで書いておく。そうすると、周りも気付いてくれるので」(30代男性)
これは、私とかなり近いパターン。他にも、
「『そろそろヤバイ』と思ったら、財布の中から万札やカード類を取り出し、小分けにして、靴下の中などに入れる」(30代男性)
「首からかけるパスポート入れに、カード類や現金を全部うつす」(20・30代男女数名)
と、まるで海外旅行者のような人もいた。他にも、
「最初からカバンを会社に置いて飲みに行く」(30代男性)
「私の場合、酔っ払って家に帰ってそのまま寝てしまうことが圧倒的に多いので、もう日ごろから、ファンデーションを塗らないようにしたの。紫外線が多い春〜夏は、飲む前に落とします。あとは、歯磨きをしてから飲むとか。電話は呼び出し音をマナー設定ではなく、音がなるようにしておく。記憶が消えていると、朝携帯電話がないとき、外でなくしたのか、家のどこかに置いたのかがすぐに分からず、なくしたとき、素早く対応できないから」(30代女性)
「なくしたときに、すばやく対応できるよう、携帯電話に、カード紛失時のお届け電話番号が登録されている。それと、財布の中は3万円までにしてる。何度も何度もかばん全部をなくしているけど、3万円以上なくすと悲しいし、3万円未満だと、存分飲むのに心もとないから」(40代男性)
「アラームをかけておく。酔ってきたら、嫌な人の隣に座って酔いをさます」(20代女性)

さらに、「酔って記憶をなくすこと」前提に、部屋を決める人までいた。
「1階の部屋にしか住まない。階段から転げ落ちると怖いから」「絶対に家には入りたいから、鍵を落としたときのために玄関の外に鍵を置き、窓も1箇所あけておく」(30代男女数名)

きわめつけは、「専属タクシー運転手」!
「専属のタクシー運転手を決めている。待機所にいないと、留守電に入れておく。タクシーに乗りさえすれば、寝てても自宅前まで運んでもらえるようになっている」(30代女性)

セキュリティが重要視されるこんな時代に逆行した、のんべたちのささやかな努力に、見習うべきところは……やっぱりないかも……。
(田幸和歌子)
関連キーワード

2008年3月13日 00時00分

注目の商品