巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「フエラムネ」、女の子用はレア?

ピー。

先日、駄菓子コーナーを熱心に物色していた娘(小2)が、ポツリと呟いた。
「フエラムネって、なんで男の子用ばっかりなんだろうねー。女の子用は見たことないよ」

昔からおなじみのフエラムネ。
まあるいラムネを吹くと、ピーッと音がするアレだ。

自分などは「男の子用」「女の子用」があること自体、意識したことがなかったのだが、店内の箱を探ってみると、確かにあるのは「男の子用」と書かれたものばかり。
わずかに1個だけ「女の子用」を見つけると、
「女の子用もちゃんとあったんだ!!」と娘が狂喜乱舞していた。これまでどのスーパーでも男の子用しか見たことがなかったのだと言う。
もしかして、フエラムネの女の子用ってレアなのか。そもそもいつからあるものなの? 製造元のコリス株式会社に聞いた。

「もともとは昭和27年にフエのガムから出発し、フエラムネが誕生したのは昭和35年。昭和初期にブリキのオモチャのフエがあり、それをお菓子にできないかと前身の会社が研究して作ったものなんです」
と、担当者は言う。

どんぶりの底に丸い穴がついた形状のものを2つ貼り合わせることで、空気が中に入り、ぐるぐるまわって出るとき、音が鳴るしくみなのだとか。
当初は手作業で貼り付けていたというが、自動的に貼り付ける機械をつくり、特許をとったことで、大量生産が可能となったという。
「当初は4粒5円で売っていましたが、時代を経て量や値段が変化し、昭和50年からオマケつき10粒50円となりました。
関連キーワード

2008年8月8日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品