巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

自転車の手信号、いつからやらなくなったの?

ライター情報:田幸和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加

手信号、使ってますか?

2009年7月1日より、自転車の3人乗りが条件付きで解禁となったニュースが、各局で報じられた。

同様に、携帯電話使用の運転や、傘差し運転なども禁止となっているが、片手での自転車の乗り方というと、ちょっと疑問に思うこと。

かつては自転車に乗るとき、右折・左折時などの合図として「手信号」を指導されていたものだが、今は手信号を全く見かけない。
街中で見かけないばかりか、小学校の交通安全教室などでも指導されていないところが多いけど、いったいいつからなくなったのか。
これもやっぱり「現実的」な観点から?
財団法人日本交通安全教育普及協会に聞いた。

「基本的には、自転車走行時の『手信号』は、今でも教えるのが基本です」
手信号をやらなくなったというわけではなかったのか!
「ただ、技術が未熟な子どもに無理やりやらせると、転ぶ可能性も高く、かえって危険とする声が最近出ております。そのため、指導はするけど、実施はしないというところが増えてきているようです」

確かに、自分なども子どものころ、自転車が下手だったせいもあり、「手信号をすると、よろけてしまって、かえって危ない気がするけどなぁ」と思っていた。
世の中的には、この「手信号はかえって危ない」という声が多いようだが、「やらなくなったのはまだまだ最近、ここ数年ぐらいのもの」と担当者は言う。
でも、かなり前から見なかった気がするけれど……。
「今でも指導方法はなくなっていませんし、実施しているところもありますよ。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年7月14日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品