巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

つまようじをくわえるオヤジが多いのはなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

これが丸と三角のつまようじの使い方の違いです。

( 1 / 2 )

昼ごはん時、オヤジたちが得意げにつまようじをくわえて、店からでてくるのを見かけることがある。はたから見れば、シーシーやっていて不快なのだが……。
そこで、業者さんにつまようじのマナーについて聞いてみた。

「つまようじをくわえるのはマナー違反です!」
と、つまようじ専門メーカー広栄社の稲葉さん。

「本来、つまようじはそっと使うものなんです。海外では何人かで食事をすると、全員が食べ終わるまでつまようじを使ったりはしませんが、日本では自分が食べ終わるとすぐ使う。これもマナー違反です」

さらに話を伺ってみると、意外なことが判明!
一般的に日本で使っているつまようじは、“本来の”つまようじではないのだとか。
稲葉さんいわく、「つまようじは、欧米を中心に三角形の断面なのです。ふつう日本で使われているつまようじは、断面が丸い。丸いつまようじは英語で言うと、フルーツなどを刺すカクテルピックであって、実はつまようじではないんです」

えええ! あれはつまようじじゃないんですか? と驚くカシハラを尻目に、さらに解説は続きます。欧米では歯の掃除をする三角形のつまようじはデンタルピックというのだそう。

そして、つまようじをくわえて歩く人の謎に新たな見解が。
「もともと丸いつまようじは歯を掃除するものではないのに、歯の掃除をしようとするから、食べかすがなかなか取れない。よって、いつまでも口にくわえているという可能性もありますが、むしろ口さびしくて、タバコのようについつい食後はくわえてしまうのでしょうね」とのこと。
関連キーワード

ライター情報: カシハラ@姐御

広告会社などを経て、フリーランスライター。得意技は、飲酒とビアガーデン制覇。東京ビアガーデン制覇クラブ主宰。「メルマガ・週刊カシハラ」で気になるものを配信中。

2009年7月20日 00時00分

注目の商品