巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「常連」と店員の、ほどよい距離感って?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

サービスです。

行きつけの店での、こんなセリフ。

「いつものヤツ」
「いつものお願い」

常連になることで、好みを覚えてもらったり、細かな配慮をしてもらえるのは、嬉しいもの。

「好みの辛さなどを知ってくれているお店はありがたい」という女性がいれば、「騒がしい団体さんが来たときなど、常連さんをさりげなく奥の静かな席に案内するようにしている」という店員さんもいる。
「団体でほぼ貸切のときでも、毎日来てくれる常連さんを断るのは悪いから、事前に状況を伝えたうえで、常連席に案内している」という居酒屋なども、珍しいケースではないだろう。
ただし、「常連」と店員との間の距離が近すぎることで、他の客が不愉快な思いや、居心地の悪さを感じてしまうということも、残念ながら少なからずある。

ある20代会社員の女性は言う。
「常連になって、コーヒーをサービスしてもらうなどはすごく嬉しかったんだけど、そのうちデザートとか、どんどんエスカレートしていって、周りに注目されるのが恥ずかしくなった」
過度な「特別待遇」は、不快とは言わないまでも、必ずしも相手にとって嬉しいばかりじゃない。

また、ある30代女性の体験は……。
「以前、飲食店の○周年記念とかの日にたまたま入ってしまい、気づいたら、自分以外がほぼ全員常連だった。そしたら、常連へのサービスとして、グラスワインが配られ、自分だけが放置状態に……。別にワインが飲みたかったわけじゃないけど、たまらなく孤独感を感じた」
これは極端なケースだが、この他にも、「常連客と店員さんが仲良すぎる場合、疎外感を感じることがある」「店員と客の馴れ合いの会話はうっとうしい」(ともに30代会社員女性)という声や、「店員と常連さんで○○ちゃんなどと呼び合うのは、仕事の場ではどうかと思う」(30代主婦)という声、男性のこんな見方もあった。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年8月23日 00時00分

注目の商品