巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

自衛官が結婚を求め、婚活している

『MAMOR』11月号の表紙は次原かな。こんな可愛い自衛官も婚活してるのだろうか?

「仕事が忙しくて、恋愛する暇がない」とか「職場に出会いがない」とか、三十路を過ぎても独身な自分の状況に、“仕事”を言い訳として使い始めてはや数年。
マジな話、仕事が原因のひとつではあると思うんだ。

だが、自分とは比べ物にならないほど出会いの機会が少ない(と思われる)職種がある。それは、“自衛官”。
しかし彼らだって、手をこまねいてるだけではなかった。防衛省が編集協力する情報誌『MAMOR(マモル)』の11月号では、“自衛官と結婚しよう!”と題して、自衛官が婚活に励んでいるという。

早速、『MAMOR』を購入して、彼らの婚活っぷりを拝見させていただきました。まずは、自衛官たちが写真つきプロフィールを公開。読者から広く交際相手を募集している「お見合いデータBOOK」が目を引く。
この企画に参加している自衛官は16人。この中には女性自衛官3人も含まれており、男性の読者も見逃せない。自衛官のプロフィールには、「趣味」「特技」なんて当たり障りのない項目だけでなく、「どれくらい付き合って結婚したい?」「年収」「貯金額」など、ガチモード満点のデータも公開。肝心(?)のルックスだが、お世辞抜きで「イケメン」と呼んでも差し支えないような男前もエントリー。

また、実際に自衛官と結婚したばかりの新婚さん12組も紹介。自衛官の妻にお聞きした「結婚して良かったところ」なんてアンケートも実施。“強さと優しさを兼ね備えている”とか“状況判断、決心が早くて頼もしい”とか、なるほど流石のご回答。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2009年10月15日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品