巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

前から気になっていた視力検査の“C”にせまる

対数視力検査装置『LVC-10』(ナイツ製)。標準価格は65万8千円。

ケータイやパソコンなど何かと目を酷使することの多い現代人。コンタクトレンズや眼鏡を使っている人もたくさんいますよね。これらのグッズを作るとき、必要なことといえば……そう、視力検査。「C」が並んだ表(視力表)がおなじみです。

この「C」マークは、正式には「ランドルト環」といい、ご存知のとおり離れたところから環の切れ目を言い当てて視力を計るもの。実は1909年に制定された、全世界共通の視力検査用記号なんです。

ところで、「ランドルト環」の並び順について、気になったことはありませんか? 常に違うパターンだと勝手に思い込んでいるだけで、もしかしたらどこで検査を受けても、いつも同じ順番なのかも!? だとしたら、一度暗記してしまえば次回の検査では視力よりも記憶力が検査されるかも……。いやいや、まさか……。

さっそく、視力表などの医療機器を販売している(株)ナイツに取材。
「並び順に対する規約はとくにありません。そのため、基本的には違う順番だと思いますが、あまり意識して作ってはいません」との衝撃の回答が。
意外にも、ユル~イ感じで作られているものなんですね……。

さすがに同じ切れ目のパターンが何度も続くことはないそうですが、作成者のさじ加減にゆだねられているので、どのようなパターンになるかはその都度変わってきます。ですから、以前受けたときの並び順を意識して検査を受けるというのは、まったく無意味なことなんです。
関連キーワード

ライター情報: 渡邊詩織/プロップ・アイ

制作会社スタッフ。よく食べる。しかし好き嫌いが多いため、偏った食生活を送り続けている。イースター島に旅行してモアイ像を見ることが夢。

2010年4月6日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品