巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

サムライの銅像も立つ、400年前からスペインで暮らす日本人子孫の集落

ライター情報:加藤亨延

このエントリーをはてなブックマークに追加

公園内からグアダルキビル川に臨む支倉常長の像。

[拡大写真]

スペイン南部コリア・デル・リオという町には、400年前にはるばる日本からこの地を訪れ住み着いた日本人の子孫が、今も暮らしているという。彼らは「JAPON(ハポン:日本)」という名字を持ち、その人口は数百人に上るという。一体どんな町なのか。たずねてみた。

同市はセビリアから南へ約12km下った場所にある。特に観光名所があるわけではなく、白壁の家々が建ち並ぶ典型的なアンダルシア地方の町だ。この町がなぜ日本人と関係しているのかというと、事の発端は伊達政宗が家臣の支倉常長をイスパニア(スペイン)とローマへ派遣した、慶長遣欧使節団にさかのぼる。

使節団はフランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを正使、支倉常長を副使として1613年に月の浦港(宮城県石巻市)を出発した。メキシコを経てスペインのサンルーカル・デ・バラメダに到着し、その後コリア・デル・リオに入港。セビリアから首都マドリードへ向かい国王フェリペ3世に拝謁した。その後フランスを通過し、ローマ教皇パウルス5世にも謁見したのだが、一説によると、その際に日本へ帰国せずコリア・デル・リオにとどまった人の子孫が、現在のハポン姓の持ち主となっているそうだ。

セビリアからのバスを降り同市内を歩いていると、地元の中年男性が話しかけてきた。「日本から来たんだろう、カルロス・メサ公園に行けば日本人の銅像がある」。教えられた方向へ歩くと公園へ出た。グアダルキビル川に面した園内には支倉常長の銅像があり、台座には建立の由来が記されていた。

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2012年6月29日 07時00分

注目の商品