巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

世界が注目する日本発アート「具体」とは? 具体作家・松谷武判さんに聞く

ライター情報:加藤亨延
このエントリーをはてなブックマークに追加
「具体」に注目が集まっている。日本文化の輸出が叫ばれる昨今、世界に対し己が力で一つの提案をしていた日本発の現代アートがあった。それが「具体」である。

具体とは、画家・吉原治良を中心に1954年に結成された前衛美術集団「具体美術協会」のアート活動で、パフォーマンスやハプニング、極限まで縮小した表現方法など、現在では普通に行われている芸術様式の先駆となった。1957年には仏評論家ミシェル・タピエにより海外へ紹介され高評価も得た。具体美術協会そのものは、1972年の吉原治良の死を境に解散するが、同会がまいた種は日本の前衛美術のすべてを含んでいた点で一つの転換期となり、現在につながっている。

時代とともに何度か回顧されてきた具体だが、2013年はニューヨークのグッゲンハイム美術館で「具体:素晴らしい遊び場」展が開かれるなど、再び関心が寄せられている。具体とは何か? 表現とは何か? これら疑問をパリ在住の具体作家・松谷武判さんにうかがった。

――具体とは何ですか? 
様式にこだわり頭でっかちにならず、前に影響したものにとらわれないで、自由にやりなさいということです。しかし美術学校など、そういうものの影響を受け育ってきて、急に新しいことをと言われてもできないので、例えば当時、具体の白髪一雄は、泥に入り体ごとエネルギーを使って制作したり、足を使って描いたりしました。私の場合は、新しい素材から入りました。50年代後半に市販され出した木工用ボンドをキャンバスに大量に流し、扇風機やドライヤーで急激に乾かすことで、有機的で官能的な造形を、平面に立体的に表現しました。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2015年1月6日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品