巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

大河ドラマ『真田丸』第一話 歴史オタ絶賛の内容だった!

2016年1月12日 17時10分 ライター情報:さのゆう
このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、大河ドラマ『真田丸』の第一話が放送された。発表された視聴率は19.9%と大台に届かずであったが、その内容は歴史オタクが絶賛する内容だった。
そこで今回は、歴史好きだからこそ気づいた『真田丸』の演出について紹介していこう。

【昌幸・信繁とは呼ばない!】


『真田丸』公式サイトを見ると、堺雅人演ずる主人公の名は「真田信繁」、信繁の父は「真田昌幸」と書かれている。
しかし、劇中では信繁は「源次郎」、昌幸は「安房守」と呼ばれていた。これはいったいどういうことなのだろうか。

実は戦国時代、本名は「諱(いみな)」と呼ばれており、本名で呼ぶことを避け、通称や官職名で呼び合う習慣があったのだ。そのため、信繁は通称である「源次郎」、昌幸は授けられていた官職名でもある「安房守」と呼ばれていたのである。
また、ドラマ内では信繁の通称が「源次郎」であるのに対し、兄の信之の通称が「源三郎」である理由も説明されており、視聴者が疑問に持つだろう点を先回りする姿勢も見られた。

【将棋の駒に「酔象」】


主人公の信繁と兄の信之が将棋を行っているシーンで、現在では見られない駒が見られた。それは「酔象」というもの。これは、かつて一乗谷の朝倉氏遺跡でも出土した駒であり、戦国時代の将棋にはこの駒が含まれていたともされている。
ちなみにこの「酔象」は敵陣に入ると、"太子"として王将と同じ役割を持つというかなり強い駒だったそう。

【地図に反乱をしっかり反映】


細かな『真田丸』の演出は、ゲーム「信長の野望」の協力を受けて実現したCGマップでも見られる。

ライター情報: さのゆう

1992年生まれ、静岡育ち。イチローとMr.Childrenは別格。好きなもの=スポーツ全般(特に野球)、ラーメン、戦国史

URL:https://www.facebook.com/sanoyu

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品