巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

西野カナは本当に「会いたくて」仕方がないのか 歌詞への出現回数を真面目に数える

2016年3月11日 08時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加

西野カナは切ない恋心を表現した歌詞で、若い女性たちから共感を集めている歌手だ。「会いたい」「震える」などのフレーズを歌詞に多用する印象があるため、ネットでは「会えなさすぎ」「いい加減会えよ」とネタにされることもある。

確かに「会いたい」系の言葉が登場するのは、代表曲『会いたくて 会いたくて』に限らない。『もっと…』には「今すぐ会いたい」、『missing you』には「会いたい 胸が痛いよ」というフレーズが出てくる。だが本当にこれらの言葉の出現回数は、全体の中で多いのだろうか。西野カナがこれまでにリリースした楽曲の中から数えてみた。

西野カナの会いたい度合は?


語句のカウントに使用したのは計量テキスト分析のソフト「KH Coder」。楽曲は歌詞掲載サイトにあった129曲を分析対象とした。次の表は129曲の歌詞をまとめたテキストファイルから、頻出する150語をリスト化したものだ。「会いたい」「会った」などの言葉は「会う」という語で抽出される。

集計すると「会う」(47回)「会える」(45回)「逢える」(13回)という結果になり、これらを合計すると105回だ。96回出てくる「好き」と同じぐらい多い。単純に計算すると1曲につき約1回は「会う」系のフレーズが使われていることになる。やはりイメージ通りだった。

出現回数が最多の「君」や「私」が頻出語ランキングの上位にあるのは他のアーティストと同様の傾向だが、「今」「いつ」「好き」「心」「今日」「二人」「あなた」「恋」といった恋愛系の言葉ばかりが並ぶと、いかにも西野カナらしい感じがする。
関連キーワード
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品