巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

アンテナショップで日本各地のおつまみを集めてピクニックしてみる

ライター情報:スズキナオ

東京の銀座・有楽町エリアを歩いていて驚くのがアンテナショップの多さだ。25以上もの店があり、少し離れた東銀座や日本橋方面にも点在している。

店によってはレストランで郷土料理を提供したり、観光名所の案内所も兼ねていたりするが、ここで言うアンテナショップとは、県や市などの地方自治体がその地方の名産品を販売する店舗だ。
例えば山形県のアンテナショップ「おいしい山形プラザ」に立ち寄ってみると、さくらんぼ、ラ・フランスといったフルーツ類や野菜などの農産物、そばやラーメン、名物の青菜漬をはじめとした漬物類、味噌などの調味料から地酒、ワイン、お菓子やスイーツなどなど、山形駅前のお土産ショップと同じぐらい豊富な品揃えなんじゃないかと思うほど多種多様な商品が並んでいる。

北から南までさまざまな特産品をおつまみに!


この調子でそれぞれの店に各地の特産品が並んでいるわけで、このエリアを歩けば一気に日本一周旅行をしたかのように様々なものが手に入るのである。そこで、考えた。アンテナショップで買えるつまみを持ち寄ってピクニックをしたらさぞかし楽しいのではないかと。
しかも銀座・有楽町からは、徒歩圏内に日比谷公園という大きな公園がある。参加者各自がアンテナショップで思い思いの品を購入し、日比谷公園に集まるというのはどうか。
そんな私の誘いに応じてくれた友人たちと実際に“アンテナショップピクニック”を開催してみた。

銀座・有楽町エリアのアンテナショップのことに触れておきながらなんだけど、私は実家近くにある中央区人形町の「わかやま紀州館 東京日本橋店 いこら」で和歌山の特産品を買って行くことにした。

ライター情報: スズキナオ

1979年生まれ水瓶座・A型。立ち飲みや無目的な街歩きが趣味。チミドロっていうテクノバンドをやっています!

2016年11月24日 11時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品