辻希美、ブログ炎上より怖いのは“身近な人たち”。「信用できない」と断言。

2014年10月30日 18時55分 (2014年11月4日 16時20分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット上での批判について告白した辻希美

[拡大写真]

元モーニング娘。のメンバーで3児の母でもある辻希美が、「身近な人物から悪口を言われている」とテレビ番組で告白。ネット上では“今も繋がりがある相手なのに大丈夫なの?”と、トラブルの深刻化を心配する声があがっている。

結婚した当初から“ままごと夫婦”と中傷され、「すぐ離婚する」と叩かれていたという辻希美。面識の無い人物から叩かれるのは子どもが生まれる前からあったので、対処方法は熟知していたのかもしれない。だが我が子を巻き込んでの一般人とのトラブルは、頭の痛いところだ。特に家族の日常を綴った辻のブログが非難の対象となる場合が多く、辻曰く“お茶を飲んだとか、お弁当の写真一枚でも文句を言われる”らしい。ただ彼女が本当に困っているのは、見も知らぬ人からの誹謗中傷ではない。「子どもが繋がっている」身近な人が、辻の悪口をネットなどに流しているというのだ。

10月28日放送の日本テレビ系『解決!ナイナイアンサー』2時間SPに出演したママタレントらは、辻のブログが頻繁に炎上するのは彼女と面識の無い者たちによる嫌がらせ行為が原因だと考えていた。しかし「悪く言う人は結構、身近にいる」と、辻は断言した。

具体的な事例は示されなかったが、自分の悪口を流している当事者を彼女は知っているそうだ。しかし我が子と繋がりのある子の母親と思われ、顔を合わせる機会があっても態度には出せないらしい。「全員、信用はできるわけではない」と、覚悟を決めたように辻は言う。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)