3

大学受験した芸能人の現在

2017年10月5日 22時15分 (2017年10月6日 22時00分 更新)

 芸能人の大学受験宣言が相次いでいる。判明しているだけでもオードリーの春日俊彰が東京大学、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が青山学院大学、浅草キッドの水道橋博士となべやかんが明治大学の受験を予定している。

 テレビ番組における大学受験企画は、毎年のように行われておりおなじみといえる。だが、大学はゴールではなく通過点である。大学で学んだことをどう社会に還元するかが問われるといえるだろう。実際に大学に入った芸人たちはその後どうなっているのだろうか。

 「大学に入り直し成功した芸能人の代表格といえばそのまんま東こと東国原英夫があげられるでしょう。1998年に風俗店で未成年と知らずに性的サービスを受けたことが発覚し芸能活動を謹慎。その後、中学総復習からやり直し、2000年に早稲田大学の第二文学部に社会人入試で合格します。在学中から政治家を志し、政治経済学部編入(のちに中退)を経て、宮崎県知事選に立候補し当選を果たします。その後は衆議院議員を経て、現在は政治評論家としてテレビで活躍しており、政界復帰も噂されます」(芸能ライター)

 もともと東国原は読書家で推理小説『ビートたけし殺人事件』(太田出版)を執筆するなどインテリの側面があった。知識欲も旺盛なため大学で学び直す意義はあったといえるだろう。

 「現在は落語家として活躍する月亭方正も、山崎邦正を名乗っていた32歳の時、立正大学の心理学部へ入学します。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    今頃になって学歴を欲しがるのは、いかにも格好悪い

    1
  • 匿名さん 通報

    今頃になって学歴を欲しがるのは、いかにも格好悪い←頭の悪そうなこと言ってんじゃねぇーよ。学問は何歳から始めても構わないもんだよ。就職のための学歴取得だけが学問じゃないんだぜ??

    1
  • 匿名さん 通報

    天皇陛下はじめ皇族にも研究家の道を進んでいる奴もいるし。社会人の復学も歓迎される。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品