90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

4

『ドラゴンボール』の二番煎じ!? 鳥山明が及び腰だった作品とは

2017年11月9日 10時00分

ライター情報:バーグマン田形

(※筆者撮影)

[拡大写真]

今も変わらぬ人気を集める『ドラゴンボール』。
フジテレビ系アニメ『ドラゴンボール超(スーパー)』も絶好調。関連グッズの勢いも天井知らず。週刊少年ジャンプでの連載終了から22年。未だ増殖し続けるドラゴンボールワールドに驚くばかりだ。

当時のジャンプで『ドラゴンボール』が抜けた穴は大きかった。
そこで翌96年、激減する発行部数へのテコ入れとして取られた策が、『Dr.スランプ』&『ドラゴンボール』(ピッコロ大魔王編まで)の名物編集者、鳥嶋和彦氏(Dr.マシリトのモデル)の編集長への抜擢だ。
鳥嶋氏は鳥山先生にとって、デビュー前からの育ての親。ある意味、絶対的な主従関係がある。編集長就任には、鳥山明先生をセミリタイア状態から復帰させるという意味合いも大きかったと思われる。

鳥嶋氏にせっつかれた(?)鳥山先生は、読み切り作品を何本か経て、97年には3週掲載して1週休載という変則スタイルの短期集中連載『COWA!』を発表している。
『COWA!』は、絵本のような世界観のハートフルな物語。鳥山先生自身は1番のお気に入りと語るが、当時のジャンプの路線からはあまりに異色。正直、売り上げに繋がる作品ではなかった。

ジャンプ創刊30周年記念の目玉として始まった『カジカ』


そこで、98年32号から始まったのが『カジカ』。『COWA!』の連載終了から4ヶ月ほどでの新連載だ。
週刊少年ジャンプ創刊30周年記念の3号連続新連載第2弾として、華々しくスタートを切っている。

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    「カジカ」を読んだ時には、鳥山明の才能が枯渇したか、出がらし?と思ったのを思い出した・・・

    4
  • 匿名さん 通報

    懐かしいですね。鳥山明とデジタル作画(PhotoShopでしょうか?)の相性は今でも良くないと思っています。

    4
  • 匿名さん 通報

    マシリトが「鳥山さんの話は面白くない」みたいなことを昔言ってたのを思い出した

    3
  • 匿名さん 通報

    鳥島が、鳥山明が辞めたい時に僕は何も助けてあげられなかったのが悔しい 、鳥山明はDBのせいで燃え尽きたって言ってたっけな

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!