90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

"流れ弾"でまさかのTwitterトレンド入り……「しまぶー」が起こした事件を振り返る

2017年12月3日 22時00分

ライター情報:こじへい

※写真はイメージです

[拡大写真]

「じどうに関心」「飛天御剣流書類送剣」「抜十歳」「幼児観察浪漫譚」…

これは去る11月21日、女児の児童ポルノDVDを所持していたとして書類送検された、人気漫画『るろうに剣心』の作者・和月伸宏氏をネタにした、ネット上の書き込みです。
うまいこと言う人もいたものですが、面白がってばかりもいられません。児童ポルノ動画所持はれっきとした犯罪です。

Twitterトレンド入りしたしまぶー


この和月氏・書類送検の一件で、流れ弾を食らった意外な人物がいます。かつて週刊少年ジャンプで連載され、アニメ化・映画化もされた人気漫画『トリコ』の原作者“しまぶー”こと島袋光年先生です。

21日に事件の報が知れ渡ると、ネット上では以下のように、しまぶーに関する書き込みが見られました。

「しまぶーの足元にも及ばん」
「しまぶーは女子高生だから和月との溝は深い」
「しまぶーは抜刀したけど和月は型稽古だけだしまぁ」

このように、“しまぶーネタ”を持ち出したTwitter民が多かったために、事件同日の21日に「しまぶー」はTwitterトレンド入りを果たしてしまったというわけです。さすがに気の毒という他ありませんが、気持ちはわからないでもありません。

2002年、しまぶーが女子高生との援助交際発覚により逮捕されて、彼が手掛けていた週刊少年ジャンプの漫画『世紀末リーダー伝たけし!』が打ち切られた一件は、当時のジャンプ愛読者にとっては今も忘れられない、あまりに衝撃的な出来事だったからです。

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!