巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

国際空港で働く人は、毎日パスポートを持って行くのか

ライター情報:R&S

成田空港で出国審査後に雑誌を買うと、消費税がかかりません。

成田スカイアクセスの開通、上海まで片道4000円の航空券、そして21日の羽田空港国際線ターミナルのオープン。最近の若い人はあまり海外へ行かない、なんて言われる一方で、海外へのアクセス性はどんどん増している。

海外旅行のひとつの楽しみは飛行機に乗ること。パスポートに「出国」スタンプが押された後、搭乗ゲートに向かうまでのエリアは、日本でもない、外国でもない不思議なエリア。もちろんこの「制限エリア」に立ち入るにはパスポートが必要なのだが、ここで働く人たちは、毎日、パスポートを持ってくるのだろうか。

成田国際空港株式会社に聞いた。
「パスポートは持ちません。成田空港の場合、職員は各機関の承認を受けて発行される『成田国際空港IDカード』を所持し、ICカード化されたIDシステムで厳しく入退管理を受けています」
働く人の場合、パスポートはいらないのだ。制限エリアには免税店もたくさん並んでいるが、残念ながら、職員が制限エリアで物を買うことはできないのだという。

ところで、制限エリアで雑誌を買うと、消費税がかからないことをご存知だろうか。300円の週刊誌が286円で買えるのだ。出国審査はもう終わっている。ここは「日本じゃない」から、消費税がかからないのだろうか。東京税関に聞いた。
「物品の販売は、消費税法の『資産の譲渡』に該当し、課税対象となります。消費税がかからないのは、同法第7条の規定を適用される場合だけであり、場所を指定して免税にする規定はありません。
関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2010年10月24日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!