巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

7

有名なムンクの『叫び』、実は叫んでいなかった

ライター情報:古屋江美子
世界でもっとも有名な絵のひとつ、ムンクの『叫び』。美術の教科書でもおなじみだ。タイトルからして、あれは描かれている人物が叫んでいる絵だと思っている人もいると思うが、実はあの人、叫んでいない。実際に『叫び』の絵があるノルウェー・オスロに行って、真相(?)を確かめてきた。

The Scream/Edvard Munch 1910 (C) Munchmuseet


描かれているのはムンクでもないし、叫んでもいない


「『叫び』の絵は、人が叫んでいるのではなく、自然をつんざく叫びが聞こえているんです」

そう教えてくれたのはノルウェー・オスロにあるムンク美術館のスタッフ。ムンクの作品だけを展示する同館は、いわばムンクファンの聖地ともいえる場所だ。



スタッフに見せてもらった日本語の解説本によると、ムンクは『叫び』について、以下のように書き残している。

「二人の友人と外を歩いていると、太陽が沈み始めた。見る見るうちに空が血のように赤く染まる。私は疲れを感じて立ち止まり、フェンスにもたれかかる。蒼黒いフィヨルドと街の上空が血と炎で彩られる。友人たちは歩みを続ける。私はそこに突っ立ったまま不安に身を震わせる。自然をつんざく終わりのない叫びを感じて」(『ムンク ムンク・オスロ博物館』より)

なるほど、そう言われれば、たしかに人は叫んでいるのではなく、叫びにおののいて耳をふさいでいるように見える。

ところで私にはもうひとつ絵に関する誤解があって、「ムンクの叫び」が作品名だと思っていた。正しくはエドヴァルド・ムンクという画家の『叫び』(英語では『Scream』)という作品である。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2016年12月6日 07時00分

コメント 7

  • s-tan 通報

    ムンクの叫びが叫んでいない事に少しショックだな。小さい頃からムンクの叫びだと思って信じてきたからなんかショックすぎる。

    12
  • わっかん 通報

    知ってた・・・結構まえからこのネタ、テレビかなんかでやってたぞ。確か同じ題材で同じ構図のものが5点存在することも言ってたな。

    10
  • ポンチョ 通報

    友達に聞いて知ってお父さんに聞いても知ってるって言ってたからちょっとびっくり

    6
  • メンタイコ 通報

    ずぅーーーーーーーーーーーっと、モデルのひとは、叫んでいると思っていました。残念です。

    6
  • メンタイコ 通報

    みんなに、いってみたら驚いていました。 やばいですねwwwwwwwwww

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!