巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

バナナの値段が変わる大きな理由は標高の差だった

スーパーの店先に並んでいるバナナ。価格を見ると、100円程度のものから400円近いものまでずらり。
物価の優等生だったバナナでしたが、いったいこの値段の差ってどうなってるの?
左が最高級バナナ、右が普通のバナナ

まずは日本バナナ輸入組合に問い合わせてみたところ、「収穫地一位はフィリピン、二位はエクアドルですが、国別ではそんなに値段には差がないはず。いわゆる収穫高による相場制のため値段が変わることはありますが、100円とか安い値段をつけるのは、業者とお店側の取引なので細かいことはわかりません」とのこと。有名バナナブランドの会社にも問い合わせてみましたが、今ひとつはっきりしません。
あちこちを巡った挙句、「チキータ」というブランドのバナナを取り扱うユニフルーティージャパンに問い合わせてみたところ明快な解答をいただきました。

バナナの価格を決める要因とは


――チキータバナナはまだまだ日本ではまだ知名度が低いように思いますが、値段はどのように決めているのでしょう?
「チキータバナナは1899年に米国で創業し、日本市場には1962年に他ブランドに先駆けていち早く参入しており、実は老舗のバナナブランドです。弊社で取り扱っているフィリピン産のバナナですと、天候の影響など収穫量の増減によって原価が変動します。店頭における価格は、輸入されたバナナに、バナナを甘く黄色くするための熟成加工費、物流費と販売に掛かる諸費用が上乗せされて決まります」

――値段が変わる主な理由はどんなものですか?
「重さや本数による値段の違いもありますが、現在店頭において大きな差があるのは、高地栽培なのか低地栽培なのかによって値段が違ってきます。
関連キーワード

ライター情報: カシハラ@姐御

広告会社などを経て、フリーランスライター。得意技は、飲酒とビアガーデン制覇。東京ビアガーデン制覇クラブ主宰。「メルマガ・週刊カシハラ」で気になるものを配信中。

2017年1月3日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!