今注目のアプリ、書籍をレビュー

6

ジャッキー・チェン最新作「カンフー・ヨガ」なんだこれ白昼夢かよ、ツッコミどころに溺れる幸せ

2017年12月27日 09時45分 ライター情報:しげる
面白かったかどうかで言えば破滅的に面白かったのだけど、見終わって数日経った今も「果たしてあれはなんだったんだろうか……」という疑問が拭えない。年末になって現れた今年一番の問題作、映画館で見る白昼夢、それがジャッキー・チェン主演最新作『カンフー・ヨガ』である。

今度のジャッキーはインドで秘宝を探します


思えば、今年はジャッキー映画の当たり年だった。池内博之と共演し、ノープラン過ぎる列車強盗を描いた『レイルロード・タイガー』。"いつものジャッキーのバディもの"が2017年になっても見られることに涙した『スキップ・トレース』。そして、最後を飾るのが、この『カンフー・ヨガ』である。

『カンフー・ヨガ』のジャッキーは考古学者だ。といっても、まあ中身は大体いつものジャッキーなので「ふ〜ん、今度のキムタクは検察官なのか〜」くらいの温度感で見ていて大丈夫。考古学者ジャッキーはインドの美人学者に頼られて、インドと中国の境目あたりに眠る古代の秘宝を発掘に向かう。しかし、その秘宝を狙うインドの悪い富豪に発掘を妨害されたり、インドの美人学者には色々秘密があったりと、なんかそういう感じで世界を股にかけて冒険するわけである。

とにかくロケに金がかかっており、特にドバイでのカーチェイスは凄まじい。超高級車をガンガンぶっ壊してドバイの街中を車が走り回り、悪いインドの富豪が人類史上に残るスタイリッシュ降車(横転しながら吹っ飛ぶ車のドアが下に向いたところで平然と開け、スッと地面に降り立つ。乗っていた車は明後日の方向に飛んでいく)を見せるところは気を失いそうになるくらいカッコいい。

また、冒頭に挟まる「昔インドの武将と中国の武将が協力して悪い像軍団と戦いました」というCG映像も大変楽しい。まるでインドと中国の金持ちがコーエーテクモゲームスの株を全部買い占めて作らせたみたいな、「インド無双」な映像(全体にプレステ3っぽい)なんだけど、爆発的なケレン味があって映画のオープニングとしては大正解である。

しかし、この映画の魅力は通常の映画とちょっと異なる。120分近い上映時間のほとんど全編に散りばめられている、怒涛のツッコミどころがその本体なのだ。

怒涛のツッコミ待ちを前に、君は三村マサカズになる


『カンフー・ヨガ』はガバガバな映画だ。なんというか、全てがやりっぱなしなのだ。最初の方で出てきた「ジャッキーの助手はイケメンなのでモテる」という設定が瞬時に放置されたのを皮切りに、「あのライオンってもう出てこねえのかよ!?」とか「あのツルに捕まってたおっさん放置かよ!?」とか「なんで狼の前でカンフーの形稽古やんだよ!?」とか「大事な木簡で殴るのかよ!?」とか「動物が出てくるくだりが長すぎるよ!?」とか、思いつくままに挙げていくだけでもツッコミを入れたい箇所が山ほど出てくる。

ライター情報

しげる

ライター。岐阜県出身。プラモデル、ミリタリー、オモチャ、映画、アメコミ、鉄砲がたくさん出てくる小説などを愛好しています。

URL:Twitter:@gerusea

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    突っ込まれ待ち、器でかいな w

    7
  • 匿名さん 通報

    DVD買いたいです。

    3
  • 匿名さん 通報

    全てがやりっぱなし…それだ!と思わず叫びました。しかしジャッキー・チェンなんでわくわくはする…

    1
  • 匿名さん 通報

    ジャッキー映画ってだいたいコメディだからねぇ

    0
  • 匿名さん 通報

    彼女と一緒に映画館で観て大正解でした。 エンディングは良かった!

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!