ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

30代で貯金はいくらあればいいの?みんなの平均貯蓄額と備えておきたいお金

2018年2月27日 11時15分

ライター情報:水野綾香


30代になると、20代の頃と違い、結婚や子育て、住宅購入をする人も徐々に増えてきます。自分の貯金額と比較して周りはどうなのか、お財布事情が気になるのではないでしょうか? そこで、周りはどれくらいお金を貯めているのか、貯蓄の平均額や中央値を調べてみました。貯金ゼロの人もそれなりにいれば、既に1000万円貯めている人もそこそこいるようです。
あわせて、何かとライフイベントも増えてくる30代はどのくらい貯蓄しておけばいいか、FPの立場から独身と夫婦の場合に分けてアドバイスします!

30代の平均貯蓄額は470万円!


まず平均値から見てみましょう。出典は金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」(平成29年)からです。預貯金・保険・その他金融商品などを含む「金融資産の平均金額」ですが、30代では470万円です。皆さんの金融資産と比較していかがでしょうか?

平均値は調査対象全ての金融資産を合計したものを単純にデータの個数で割った数字です。ざっくりとした全体の傾向を見るときには平均を使います。今回の調査結果では「金融資産なし」が33.7%と全体の3割ほどを占めますが、1,000万〜3,000万円以上(!)の方が一定数いるために平均額は高めに出ています。

30代の貯金額の中央値は?


一方で中央値はどうでしょうか。中央値というのは、データを小さい方から並べていき、真ん中にくる値です。

関連キーワード

ライター情報: 水野綾香

ファイナンシャル·プランナー
「女性のためのマネーセミナー講師」として全国で年間70回以上、延べ6,000名以上の女性を対象に講演。コラムの執筆·連載も多数。初心者でも楽しくわかりやすくお金を学ぶことができると好評。

URL:Facebook