鼻パックおすすめ12選|いちご鼻の黒ずみや角栓をケア

鼻パックおすすめ12選|いちご鼻の黒ずみや角栓をケア

小鼻の黒ずみやいちご鼻の角栓をケアする“鼻パック”は、昔から人気の美容法です。

そのためロングセラー商品も多く長年愛されていますが、実際どのアイテムがおすすめなのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、

などについて解説していきます。
鼻パックの効果や角栓詰まりの原因についても触れているので、鼻の角栓に悩む方はぜひ参考にしてくださいね。

※本記事での「ニキビ」へのアプローチは全てニキビを防ぐことをいいます。
※本記事でいう「くすみ」とは乾燥により肌がくすんで見える状態をいいます。

1.鼻に角栓が詰まる原因

そもそも鼻に角栓が詰まるのはなぜなのでしょうか。

原因は一つだけではなく、

の4つが大きな要素として考えられます。

まずはそれぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

1-1.過剰な皮脂分泌

角栓ができる最も大きな原因としていわれているのが“過剰な皮脂分泌”です。
皮脂の分泌量が多いと全てを排出できず、毛穴に詰まります。

さらに詰まった皮脂が不要な角質や産毛と絡まり、角栓になるのです。
過剰な皮脂が分泌される原因はさまざまですが、よく挙げられるのがこちら。

  • 脂質の多い食事
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 過剰な乾燥
  • 間違ったスキンケア

揚げ物やお菓子の食べ過ぎなど、脂質の多い食事をくり返していると皮脂が出やすくなります。
肌の潤い保持や健康のためにある程度の脂質は必須ですが、取りすぎないように注意しましょう。

思春期や生理前などホルモンバランスが乱れやすい時期は、皮脂分泌を促すホルモンが活性化された状態に。
そのため肌質に変化が出やすく皮脂が過剰に分泌されることがあります。

こちらは時間の経過とともに落ち着くので、スペシャルケアを取り入れるよりも日々の正しいスキンケアが大切です。

また、過剰な皮脂は意外にも乾燥が原因である場合もあります。
肌は潤いが不足すると今ある水分を守ろうとし、過剰に皮脂を分泌します。
まずは乾燥を改善することで皮脂も自然と減っていくので、しっかり保湿をしてください。

また、間違ったスキンケアが原因で多量の皮脂が出ている方も多いです。

例えば、

  • あぶらとり紙の使い過ぎ
  • 肌をゴシゴシと擦っている
  • 毎日のように角質ケアを行う

などは肌への刺激が強く、皮脂分泌を活性化させる可能性があります。
肌に刺激を与えない優しいケアが美肌の基本なので、毎日のケアが間違っていないか確認しましょう。

1-2.ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、肌が生まれ変わる周期のこと。

通常は細胞が作られてから約28日で垢となり排出されますが、次のような理由でターンオーバーが乱れてしまいます。

  • 加齢
  • 肌の乾燥
  • 不規則な生活習慣
  • ストレス
  • タバコやアルコール

ターンオーバーが乱れると不要な角質が排出されず、肌の上に残った状態に。
これらが皮脂と絡まることで、毛穴に詰まり角栓となるのです。

ターンオーバーの乱れは角栓だけではなく、ニキビ・くすみ・ザラつきなどの原因にもなるので、常に周期が整った状態をキープするのが美肌のポイントですよ。

1-3.クレンジング・洗顔の洗い残し

毎日のクレンジングや洗顔は、しっかり洗い流したつもりでも実は汚れが肌に残っている可能性があります。

洗顔のすすぎは“30回”が基本といわれているほど泡や汚れが落ちにくく、洗い残しが毛穴に詰まり角栓になっているかもしれません。

クレンジング・洗顔で丁寧に汚れを落とすのはもちろんのこと、最後のすすぎも丁寧に行うよう心がけましょう。

1-4.マスクによる摩擦

マスク生活が始まってから「毛穴に角栓ができやすくなった」と感じている方も多いのではないでしょうか。

実はマスクによる摩擦で毛穴がふさがりやすくなっており、これまで以上に毛穴に皮脂・角質を溜め込みやすくなっているのです。
特にマスクと接しやすい小鼻は角栓ができやすく、鼻全体の毛穴が目立つ“いちご鼻”に悩む方も増えています。

まだまだマスク生活は続くため、根本的な原因を排除するのは難しい現状。
鼻パックを取り入れて角栓ケアをしっかり取り入れるのが、いちご鼻の軽減へと繋がりますよ。

2.鼻パックの効果

なんとなく鼻の毛穴に効果的なイメージの強い鼻パックですが、詳しい効果を知らない方も多いのではないでしょうか。

実は毛穴の角栓除去だけでなく、皮脂によるメイク崩れの防止などにも役立つ万能なアイテムなのです。
効果をしっかり理解すればさまざまな場面で使えるので、一つひとつ詳しくご紹介していきますね。

2-1.鼻の黒ずみを除去できる

鼻パックの代表的な効果として知られるのが、“鼻の黒ずみ除去”ですよね。
黒ずみは角栓が酸化することで起こる現象。

元々小鼻周りは皮脂が出やすい部分のため、肌の上に残った皮脂や角栓が酸化しやすく、いちご鼻になりやすいのです。
鼻パックは毛穴の汚れを吸着して取り除くから、黒ずみもスッキリきれいに除去できます。

黒ずみは角栓が長く蓄積した証拠なので、一般的な角質ケアでは除去が難しい頑固な毛穴汚れ。
毛穴に特化した鼻パックであれば簡単に除去できるので、黒ずみにお悩みの方にぴったりのアイテムですよ。

2-2.小鼻のざらつきをケアできる

鼻パックはまだ黒ずみにはなっていない、白や透明の一見目立ちにくい角栓にも効果が期待できます。

触るとザラザラとする角栓は、肌触りの悪さや見た目のポツポツ感だけではなく、メイク乗りにも関わってくる毛穴トラブル。
毎日ケアしても角栓が溜まってしまう方も多く、そんなときは鼻パックで一気に除去するのが◎。

ザラつきの原因であった角栓をオフできるので、つるんとなめらかな小鼻に仕上がりますよ。

2-3.鼻周りの角質・産毛ケアにも使える

鼻パックは角栓を取り除くだけではなく、小鼻やその周辺の不要な角質や産毛まで絡め取ってくれます。
不要な角質や産毛は皮脂と合わさると角栓になるため、できれば除去しておくのが◎。

鼻パックは今ある角栓をオフするだけではなく、今後角栓のできにくい肌状態に導いてくれるのも大きなメリットなのです。

古い角質や産毛が取れると本来の肌トーンが見えるようになり、自然と明るい印象に仕上がるので、くすみ感が気になっている方にもおすすめですよ。

2-4.皮脂トラブルを事前に予防できる

鼻パックをすると不要な皮脂も一緒に除去できるので、過剰な皮脂分泌による次のお悩みの軽減にも役立ちます。

  • 毛穴詰まり
  • 小鼻のテカリ・ベタつき
  • 皮脂によるメイク崩れ

皮脂によって起こる“ベースメイクの毛穴落ち”や“テカリ・ベタつきによる不潔な印象”を一層してくれます。
特に皮脂分泌の多い10代の女性や男性の肌に、鼻パックは非常に相性の良いスペシャルケアといえます。

3.鼻パックの選び方

鼻パックといっても貼るタイプや塗るタイプ、配合された成分などアイテムによってさまざま。

角栓のタイプや肌質によってぴったりのアイテムが異なるので、ここからは鼻パックの選び方について解説してきます。

3-1.貼るタイプor塗るタイプから選ぶ

鼻パックは大きく分けると、シートを鼻に直接貼るタイプとクリームやリキッドを鼻に塗って使うタイプの2種類があります。

どちらもメリット・デメリットがあるので、自分の肌質や求める効果に合わせてタイプを選ぶのが大切ですよ。

タイプメリットデメリット
貼るタイプ・シートを貼るだけだから簡単
・ごっそりと汚れが取れやすい
・肌に強い刺激を与える
塗るタイプ・肌への負担を軽減できる
・美容成分も配合されたアイテムが多い
・凹凸部分もしっかり塗れる
・角栓を取るには継続が必要
・洗い流す手間がある

貼るタイプは手軽かつ一気に角栓が取れるので、今すぐ角栓をどうにかしたい方におすすめ。
ただし、角栓だけではなく肌も粘着シートで吸着してしまうため、肌に強い刺激を与えてしまうのがデメリットでもあります。

元々の肌質が強い方であれば週1〜2回使用するのは問題ありませんが、敏感肌であれば塗るタイプの鼻パックが◎。
塗るタイプは酵素やクレイ、ピーリング成分などの作用で角栓にアプローチするタイプの鼻パックです。

貼るタイプと比較すると即効性はありませんが、肌への刺激を最小限に抑えながらケアができます。
鼻以外の場所に塗布できるというメリットもあるので、おでこやアゴなど別の部分にも角栓ができやすい方にも向いているタイプです。

貼るタイプ・塗るタイプはどちらも使い方や向いている肌質が大きく異なるので、自分の肌に最適なタイプを選んでくださいね。

3-2.使い方で選ぶ

一般的に鼻パックは鼻に乗せてから15分程度放置して使用します。
この放置時間はアイテムによって大きく異なり、5分程度の短時間から20分以上放置するものまでさまざまです。

手軽に使いたい方は短時間で完了するアイテムを。しっかりケアしたい方は長時間放置するタイプが◎。

また、中には2種類のパックを使い分けてケアするものなどもあります。
毎日のケアにかけられる時間を想定しながらアイテムを選ぶのも、鼻パックを継続するポイントとなりますよ。

3-3.美容成分で選ぶ

鼻パックの中にはただ角栓を除去するだけではなく、美容成分で保湿や引き締めケアができるアイテムも多く登場しています。

鼻の角栓は除去した後にしっかり保湿をしないといちご鼻の原因になるので、同時に保湿成分を与えてあげるのが◎。

次の成分はパックに含まれやすい保湿成分です。

  • BG
  • DPG
  • グリセリン
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸Na
  • プロパンジオール

ぜひこれらの成分にも注目して鼻パックを選んでくださいね!

4.【タイプ別】鼻パックおすすめ12選

ここからは貼るタイプ・塗るタイプの2つに分けて、鼻パックのおすすめアイテムをご紹介していきます!

今回の鼻パックは、

  • 鼻の黒ずみの除去力
  • 使い勝手の良さ
  • 継続できる価格帯

を重視してアイテムを厳選しました。それぞれの鼻パックの特徴やおすすめポイントをまとめたので、いちご鼻を改善したい方はぜひ参考にしてくださいね。

4-1.【貼るタイプ】

ビオレ 毛穴すっきりパック 鼻用 白色タイプ(Biore)

価格(税込)/ 容量オープン価格 / 10枚入り

鼻パックのロングセラー商品といえば「ビオレ 毛穴すっきりパック 鼻用 白色タイプ」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

シンプルな使用方法とごっそり取れる使い心地は性別・年齢問わずファンが多く、鼻パック初心者さんにもおすすめできるアイテムです。

立体裁断シートを採用しているので、鼻の中央から小鼻のキワまでしっかりと密着する形状。
どんな汚れも残さないほどの密着力で、いちご鼻の黒ずみを一掃してくれますよ。

10枚入りで500円程度というリーズナブルな価格帯も魅力で、なんと1回のケアが約60円で完了。
使用目安は週1回なので、この値段で2カ月以上も毛穴ケアができるのが嬉しいですよね!

学生さんでも継続しやすいコスパ最強の鼻パックなので、どれにするか悩んでいるなら一度試してみるのがおすすめです。

ポリクオタニウム-37、シリカ、水、グリセリン、ポリシリコーン-13、PEG-12ジメチコン、グリチルレチン酸ステアリル、ハマメリス葉エキス、BG、酸化チタン、水酸化Al、メチルパラベン

ビオレ 毛穴すっきりパック 鼻用 黒色タイプ(Biore)

価格(税込)/ 容量オープン価格 / 10枚入り

とにかく頑固な黒ずみ・皮脂に悩んでいるなら「ビオレ 毛穴すっきりパック 鼻用 黒色タイプ」に頼るのがおすすめ。

皮脂吸着成分の竹炭EXを配合しているから、角栓だけではなく洗顔後から出てくる過剰な皮脂の軽減にも役立ちます。

小鼻のテカリやベタつきをしっかりオフすれば清潔感のある印象に仕上がるので、とにかくオイリーな鼻に悩む方に◎。

さらに鼻をひんやりと引き締めてくれるメントールを配合。
パックで広がりがちな毛穴をメントールがケアしてくれます。

シートが黒なので取れた角栓が分かりやすく、視覚的にも楽しめるのが嬉しいポイントです。
ぜひオイリー肌の方や取れた角栓を見たい方は試してみてくださいね!

ポリクオタニウム-37、シリカ、水、グリセリン、ポリシリコーン-13、酸化鉄、PEG-12ジメチコン、炭、(スチレン/メタクリル酸ステアリル)クロスポリマー、メントール、メチルパラベン

ソフティモ 黒パック(softymo)

価格(税込)/ 容量オープン価格/ 10枚入り

ソフティモ 黒パック」はガチガチの角栓をゆるめてから取り除く、頑固な黒ずみにも効果が期待できるアイテムです。
シートにオイルを配合することで角栓を溶かすようにゆるめ、吸着しやすい処方となっています。

さらに角栓の原因となる皮脂や古い角質も柔らかくしてからオフするから、汚れの取り残しが起こりにくく、スッキリとした使用感です。

従来品よりもシートがやわらかく進化しているので、今まで鼻パックがフィットしなかった方も使えます。
密着しにくい小鼻のキワにまでしっかりアプローチできるので、細かな角栓や奥に入り込んだ角栓もオフできるでしょう。

ポリアクリル酸、ポリアクリル酸Na、水、シリカ、オレフィンオリゴマー、ラウレス-2、ハマメリスエキス、BG、エタノール、スクワラン、ラウリン酸PEG-10、炭、乳酸、プロピルパラベン、メチルパラベン

お米のマスク(毛穴撫子)

価格(税込)/ 容量715円 / 10枚入り

角栓と同時に毛穴の開きが気になる方におすすめなのが「お米のマスク」です。
お米由来の美容液をたっぷりと含んだシートで、角栓が詰まる原因の一つである毛穴の開きにアプローチ。

国産米由来成分を使用したライスセラムが潤い・ハリ・キメを整え、いちご鼻の予防をしてくれます。

鼻専用ではなく全顔用のパックだから、頬などの毛穴トラブルにも◎。
角栓を直接除去できるわけではありませんが、予防や鼻パック後のケアとしても使えるので一つ持っておいて損のないアイテムでしょう。

水、グリセリン、PG、エタノール、コメ発酵液、加水分解コメヌカエキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、コメヌカ油、(スチレン/VP)コポリマー、BG、水添レシチン、水添リゾレシチン、ペンチレングリコール、アルギニン、キサンタンガム、ポリソルベート80、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

アンチポア ブラックヘッド クリアキット(CNP Laboratory)

価格(税込)/ 容量2,980円 / 10組入り

2ステップで行う本格的な鼻パックの「アンチポア ブラックヘッド クリアキット」は、自宅でエステ級のケアが叶えられる優れモノ。

まずはStep1を使用。天然由来成分が鼻の毛穴汚れを浮かし、奥の汚れまで除去しやすい肌へ整えます。
そして同封された綿棒で優しく鼻を拭き取れば、スルスルと汚れが取れていきます。

吸着して角栓を抜き出す方法ではないから、シートタイプの肌負担が気になる方に◎。

綿棒で全体を拭き取ったら、Step2のパックで鼻を保湿。
ウィッチヘーゼルがぽっかり開いた毛穴を整え、肌がキュッと引き締まった状態へと導きます。

ステップ2で鼻を重点的に保湿するから、乾燥が原因の毛穴開きも同時にケアできます。
10回分で約3,000円と少しお高めではありますが、肌へのやさしさや丁寧なケアを求めるならおすすめですよ。

<Step1ブラックヘッドクリアマスク>

水、ハマメリス花水、1,2-ヘキサンジオール、BG、セージ葉エキス、メリッサ葉エキス、アルクチウムマジュス根エキス、セイヨウハッカ葉エキス、セイヨウヤドリギ葉エキス、セイヨウネズエキス、サボンソウ葉/根エキス、セイヨウオトギリソウエキス、PEG-8、水酸化K、(PEG-8/SMDI)コポリマー、ツルニンジン根エキス、イチジク果実エキス、ザクロ果実エキス、カバ葉/根/茎エキス

<Step2ポォーマスク>

水、BG、1,2-ヘキサンジオール、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、コハク酸ジエトキシエチル、PCA亜鉛、PEG-60アーモンド脂肪酸グリセリル、カプリリルグリコール、アルムK、アルギニン、グリセリン、ハマメリスエキス、ヒアルロン酸Na、カルボマー、ノルジヒドログアイアレチン酸、オレアノール酸

ブラックヘッド ゼロ 2ステップ ノーズ パッチ(ドクターエルシア)

価格(税込)/ 容量1,600円 / 4組入り

角栓を抜くのではなく溶かして除去する「ブラックヘッド ゼロ 2ステップ ノーズ パッチ」。
2種類のシートを使い分け、角栓除去後の肌を沈静して整える効果まで期待できます。

1STEPの黒ずみケア用のシートは天然由来成分のチャコールパウダーやビフィダ発酵溶解物などを配合し、自然の力で頑固な角栓を溶かします。

パック後は付属の黒い綿棒で小鼻を拭き取れば、汚れがごっそり取れたのが実感できるでしょう!

最後は2STEPの引き締め・保湿・沈静ができるシートで丁寧にケア。
角栓によって広がった毛穴もキメが整い、健やかな状態へと仕上がりますよ。

“ふっくらなめらかテンセルシート”を採用しているから一般的なシートよりも美容液を含みやすく、集中ケアが求められる鼻パックにぴったりです。

[1STEP]

水、グリセリン、ゴボウ根エキス、BG、キク花エキス、ポリソルベート80、ティーツリー葉油、グリチルリチン酸2K、ビフィズス菌培養溶解質、1.2-ヘキサンジオール、ビルベリー果実/葉エキス、オウゴン根エキス、チョウセンゴミシ果実エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、サトウキビエキス、水酸化K、フィトステロールズ、PEG-40水添ヒマシ油、パンテノール、セイヨウハッカ油、セイヨウハッカエキス、ティーツリーエキス、コブシ枝/花/葉エキス、ダイウイキョウ果実エキス、水添レシチン、ケンポナシエキス、ハマメリスエキス、ヤナギラン花/葉/茎エキス、ツルニンジン根エキス、レモン果実エキス、オレンジ花エキス、パパイア果実エキス、アスコフィルムノドスムエキス、サトウカエデエキス、フェノキシエタノール

[2STEP]

水、グリセリン、ベタイン、ポリソルベート80、フェノキシエタノール、1,2-ヘキサンジオール、BG、キサンタンガム、ダイウイキョウ果実エキス、オウゴン根エキス、グリチルリチン酸2K、ティーツリー葉油、ヒアルロン酸Na、乳酸メンチル、パパイア果実エキス、ハマメリスエキス、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、黄4、緑201、カミツレ花エキス、水添レシチン、チャ葉エキス、ツボクサエキス、セラミドNP、コレステロール、ヒポファエラムノイデス果実エキス、カワラヨモギエキス、クエン酸、クエン酸Na

4-2.【塗るタイプ】

小鼻つるりんクリームパック(毛穴撫子)

価格(税込)/ 容量1,320円 / 15g

小鼻つるりんクリームパック」は、5分間塗るだけで毛穴の汚れを溶かして吸着除去する優れモノ。

なんと洗い流し不要で放置後は拭き取るのみでOKだから、ズボラさんでも手軽に鼻パックができるのが最大の魅力です。
重曹のパワーで汚れを柔らかくしてから溶かすから、気になる黒ずみ・ザラつきを一掃してくれますよ。

さらに汚れの吸着に優れた“吸引石”を配合しているのもポイント。
石の表面に無数の穴がある鉱物を極小パウダーにして配合することで、溶けた角栓や皮脂などをぐんぐんと吸着してくれるのだとか。

溶かす・吸着するの2つを塗るだけで完了できる手軽なアイテムなので、角栓の除去力と使い勝手の良さの両方を求める方におすすめです。

水、セタノール、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、火山土、ミリスチルアルコール、炭酸水素Na、シア脂、加水分解ローヤルゼリータンパク、乳酸、水酸化Na、PEG-60水添ヒマシ油、セテス-30、ベヘニルアルコール、アジピン酸ジイソブチル、ミリスチン酸、メチルパラベン、プロピルパラベン

PT スーパークリアジェル(ポアトル)

価格(税込)/ 容量990円 / 20g

PT スーパークリアジェル」はじんわり温感作用が働き、角栓が出やすい状態にしてから除去ができる鼻パックです。

温めることで角栓がグラグラと動きやすくなり、そこに吸着成分の竹炭・シリカ・セルロースが働きかけます。
優しくマッサージするように小鼻に馴染ませると、角栓がグラつきやすくて◎。

美容液成分としてヒアルロン酸・コラーゲン・ローヤルゼリー酸・オレンジオイルを配合しているから、洗い上がりはしっとりとした肌触り。

角栓除去によるなめらか感と保湿によるぷるぷる感の両方が期待できるので、小鼻のゴワつきが気になっている方にぴったりです!

塗るタイプなので鼻パックだけではなく、顎や頬などの毛穴ケアとしても活躍するでしょう。

グリセリン、DPG、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、水、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、オレンジ果皮油、炭、ヒアルロン酸Na、ヨーグルト液(牛乳)、カンゾウ根エキス、ハマメリス樹皮/葉/枝エキス、加水分解コラーゲン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、TEA、シリカ、香料、トコフェロール、10-ヒドロキシデカン酸、セバシン酸、1,10-デカンジオール、BG、セルロース

スーパーヴォルカニック ポア クレイマスク(innisfree)

価格(税込)/ 容量1,950円 / 100ml

毛穴悩みに対して多角的にアプローチできる「スーパーヴォルカニック ポア クレイマスク」は、鼻パックとしても使える万能なアイテム。

クリーミーなテクスチャーで肌当たりがよく、小鼻のキワや鼻の下など伸ばすのが難しい部分もしっかり塗り広げられます。

皮脂吸着に優れたヴォルカニックスフィアが肌表面の不要な皮脂をごっそりと取り除くから、洗った後はサラサラの素肌に出会えるでしょう!

角質オフも同時に行えるので、慢性的ないちご鼻の予防としても◎。
混合肌はTゾーンのみ使用、脂性肌は全顔にパックを使って洗い流せば、水分・油分の量が理想の肌へと仕上がります。

さっぱりとした洗い上がりなのでベタつきが苦手な方や夏場のスペシャルケアとしても重宝するアイテムですよ。

水、BG、シリカ、グリセリン、トレハロース、火山灰、カオリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ベントナイト、ポリビニルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸、セテアリルアルコール、1,2-ヘキサンジオール、PVP、水添野菜油、マンニトール、(乳酸/グリコール酸)コポリマー、メントキシプロパンジオール、エチルヘキシルグリセリン、ステアリン酸PEG-100、ポリソルベート60、ステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート20、イソステアリン酸ソルビタン、キサンタンガム、コーンスターチ、結晶セルロース、ポリイソブテン、テウチグルミ殻粒、ポリアクリレート-13、ピロリン酸4Na、水酸化A1、トリエトキシカプリリルシラン、乳酸、トコフェロール、EDTA-2Na、酸化チタン、酸化鉄

フォーミィ イチゴ鼻薬用はがさないパック(forme)

価格(税込)/ 容量1,100円 / 18ml

フォーミィ イチゴ鼻薬用はがさないパック」は鼻パックでは珍しく2種類の有効成分を配合しているのが特徴です。

原因菌へのアプローチが期待できるイソプロピルメチルフェノールがニキビを予防し、さらにグリチルリチン酸2Kが肌荒れを鎮静。
特に小鼻の白ニキビや赤いポツポツが気になる方におすすめです。

塗ってから30秒で洗い流すので放置時間がほとんどなく、簡単に使えるのも嬉しいポイント。

無香料・無着色・ノンオイル処方なので、肌が敏感な方も◎。
これ1つで約60回分が入っているからコストパフォーマンスもよく、肌へのやさしさやコスパを求める方にぴったりな鼻パックです。

有効成分:グリチルリチン酸2K、イソプロピルメチルフェノール

その他の成分:ステアリン酸PEG、ジステアリン酸PEG-1、DPG、POEヤシ油脂肪酸グリセリル、トリイソステアリン酸POEグリセリル、アシルグルタミン酸TEA、オウゴンエキス、アロエエキス-2、ダイズエキス、精製水

がばいよか剥がすパック 炭黒(がばいよか)

価格(税込)/ 容量1,430円 / 90g

鼻の角栓・古い角質・うぶ毛など不要なものを一掃してくれる「がばいよか剥がすパック 炭黒」。

吸着成分の炭とクレイに加え、スクラブ効果のあるマンナンを配合し頑固な汚れをスルっと落とす処方です。
パックを剥がした後のザラつきを感じない、なめらかな肌触りはやみつきになるでしょう。

さらにパック後の乾燥を防げるよう、馬油を配合しているのもポイント。
馬油は人の皮脂に非常に近い成分ともいわれていて、洗浄後の肌をやさしく包み込むように保湿します。

なめらかだけどしっとり感が残る理想の仕上がりなので、乾燥ケアも同時に行いたい方は要チェックです。

水、ポリビニルアルコール、エタノール、BG、炭、馬油、マンナン、モロッコ溶岩クレイ、ハマメリス葉エキス、ブドウ葉エキス、レモン果実エキス、クエン酸、フェノキシエタノール、(アクリレーツ/メタクリル酸ステアレス-20)コポリマー、クエン酸Na、メチルパラベン、水酸化Na、PEG-60水添ヒマシ油、エチドロン酸4Na、レモングラス油、ステアリン酸ポリグリセリル-10、ポリグリセリン-10、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ラウリル硫酸Na

ツルリ ねっちり密着 スッキリはがすパック(BCL)

価格(税込)/ 容量990円 / 55g

塗って剥がすタイプの「ツルリ ねっちり密着 スッキリはがすパック」は、シートタイプよりも肌負担が抑えられるのに角栓をすっぽり除去できるのが魅力的です。

モロッコ産ガスール・微粒子の活性炭・ベントナイトの3つが汚れを吸着。
ねっちりとした独特のテクスチャーで凹凸部分にもしっかり密着し、蓄積された汚れをキャッチしてくれますよ。

ただ汚れを落とすだけではなく、保湿成分や整肌成分を配合しているのもおすすめできるポイント。
リラックスできるハーバルスパの香りなので、10分間のパックタイムを癒しの時間としてお楽しみくださいね。

水、エタノール、タルク、ポリビニルアルコール、(アクリレーツ/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMP、ポリ酢酸ビニル、BG、アルガニアスピノサ核油、セイヨウハッカ葉エキス、ハチミツ、ハマメリス葉エキス、ヒアルロン酸Na、ホホバ種子油、炭、PEG-75、カオリン、キサンタンガム、グリセリン、シリカ、デキストリン、ベントナイト、モロッコ溶岩クレイ、香料、酸化チタン、酸化鉄

5.鼻パックを使った後のスキンケア

実は鼻パックのあとは、

  • 毛穴が開いたまま
  • 角栓除去による肌ダメージの蓄積
  • 角質層が乾燥している

などさまざまなトラブルが起きている状態です。このまま放置するとまた角栓ができたり、他の肌トラブルを引き起こしたりします。

これらを避けるためには、鼻パックを使った後のスキンケアが非常に重要となるのです。
いちご鼻から脱却したい方はぜひ鼻パック後のスキンケアにも力を入れてくださいね。

5-1.いつも以上に丁寧な保湿をする

鼻パックは角栓や皮脂を除去できるのが魅力ですが、一方で必要な皮脂・水分まで奪ってしまう可能性があり、鼻パックのやりすぎで乾燥肌を引き起こすことがあります。

鼻が乾燥すると毛穴が開きやすくなり、さらに古い角質が蓄積されやすいため新たな角栓を作る原因となります。

そのため、鼻パック後は化粧水・乳液を使って丁寧に保湿をするのが◎。
鼻は保湿ケアを怠りがちな部分なので、いつも以上に保湿を意識してムラのないようしっかりと水分を与えてください。

保湿をするとキメが整い、毛穴が目立ちにくくなるというメリットもあります。
角栓が取れた後の肌は毛穴のぽっかり感が目立ちやすいので、保湿ケアはマストですね!

5-2.鎮静ケアでダメージを抑える

特にシートタイプの鼻パックは刺激が強く、肌へ大きな負担がかかります。
ダメージを受けた肌をそのまま放置すると敏感肌になり、鼻の赤みやニキビ、毛穴開きなどさまざまなトラブルの原因に。

鼻パック後はダメージを軽減するために、しっかり肌を鎮静するのもスキンケアのポイントです。

鎮静作用が期待できる

  • グリチルリチン酸
  • アラントイン
  • ハトムギエキス
  • ツボクサエキス
  • ティーツリー

などが配合された化粧水や美容液を使うのがおすすめ。

化粧水の場合はコットンを使用し、鼻にだけコットンパックで集中ケアしてあげるとより鎮静効果が期待できます。

また、美容液は化粧水よりも美容成分の濃度が高いため、鎮静ケアとして活用するのも◎。
ただし、敏感な状態の肌に濃度の高い美容液は合わない可能性もあるので、まずは少量を塗布して様子を見ながらケアしていきましょう。

5-3.スキンケアのやりすぎに気をつける

スキンケアはやりすぎると肌へ刺激になるため、鼻パック後は化粧水・美容液・乳液のシンプルなスキンケアで保湿をするのが大切です。

鼻パック後にエイジングケアや美白ケアが期待できるスキンケアを取り入れると刺激を感じる可能性もあるため、乾燥肌や敏感肌向けのケアが良いでしょう。

また、スキンケアに加え日々の生活習慣も美肌をキープする上で重要なので、こちらの3つも意識しながら鼻パックを取り入れてくださいね!

  • しっかり睡眠をとる
  • 適度に運動をする
  • 栄養バランスの整った食事

6.鼻の角栓詰まりを防ぐスキンケア

鼻パックの後は今後角栓ができない肌作りも大切なポイントとなります。

鼻の角栓詰まりの主な原因として考えられるのが、こちらの4つです。

  • 過剰な皮脂分泌
  • ターンオーバーの乱れ
  • クレンジング・洗顔の洗い残し
  • マスクによる摩擦

これらを予防するためにできるスキンケアや日々の生活習慣をまとめたので、いちご鼻を改善したい方はぜひこちらも参考にしてください。

6-1.クレンジング・洗顔の見直し

不要な皮脂・角質が鼻に残るのは、間違ったクレンジング・洗顔を取り入れている可能性があります。
クレンジングや洗顔はやりすぎると乾燥を促し、逆に過剰な皮脂が出る原因になります。

まずはクレンジングは1分以内、洗顔は30秒以内を目安として、全体を洗うように心がけましょう。
正しい洗浄時間を守るだけでも角栓の原因を予防できます。

また、オイルやバームタイプのクレンジングを使用しているなら、洗い流す前に乳化の工程を取り入れるのが◎。
乳化とは水分と油分が混ざり白濁する現象のこと。クレンジングを乳化すると頑固な皮脂や角栓が浮きやすくなるため、角栓詰まりの予防として最適なのです。

クレンジングを洗い流す前に少量の水を手に取り、クレンジング剤と混ぜ合わせるように馴染ませれば、白いテクスチャーへと変化し乳化が完了します。

この一手間で汚れがグッと取れやすくなるので、角栓ができやすい方は取り入れてみてください。

6-2.お風呂上がりはすぐに保湿をする

お風呂上がりは肌が非常に乾燥しやすく、1秒でも早くスキンケアで保湿をしないと角質層の潤いが逃げてしまいます。

鼻は皮脂が出やすく乾燥しないイメージがあるかもしれませんが、他の部位と同様に乾燥していきます。
そのため、気になる鼻から順にスキンケアを取り入れると乾燥による皮脂分泌やターンオーバーの乱れを予防できます。

お風呂を上がってからスキンケアまでどうしても時間が空いてしまう方は、化粧水スプレーを使用して簡単に保湿をしておくと◎。

本格的な保湿までの効果は得られませんが、お風呂上がりの乾燥をある程度防げます。
今まで以上に潤い補給を意識するだけで角栓ができにくくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

7.まとめ

今回は鼻の黒ずみやいちご鼻への効果が期待できる、鼻パックのおすすめアイテムをご紹介しました。

鼻パックは毎日使うと刺激になりますが、週1〜2回のスペシャルケアとして使用し、その後のスキンケアも丁寧に行えば、角栓ケアとして非常に有効なアイテムです。

肌質や好みによってどの鼻パックが良いのかは異なるので、ぜひこの記事を参考にお気に入りの鼻パックを見つけてください。

※外部サイトにおける価格やサービスは当該サイトの利用規約に従うものであり、当社は一切責任を負いません。

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。