『言の葉の庭』あらすじとネタバレ

今回記事でご紹介するのは2013年に公開された新海誠監督のアニメーション映画『言の葉の庭』のあらすじです。

本作は『君の名は。』『天気の子』『すずめの戸締まり』を手掛けた新海監督の作品で、雨の日の公園での出会いをきっかけに始まった、女教師と男子高校生の切ない恋愛を描いています。

漫画版は『月刊アフタヌーン』にて、本橋翠が作画担当、単行本は全1巻。

ヒロイン・雪野百香里の声は花澤香菜、秋月孝雄の声は入野自由が担当しました。

※本稿は作品のネタバレを含みます。あらかじめご了承ください。

『言の葉の庭』のあらすじ

高校生の秋月孝雄(あきづき たかお)ことタカオは靴職人を志望し、雨の日の午前中は学校をサボり、近くの公園の四阿で靴のデザインを考えるのが習慣になっていました。

梅雨入り前のある日、四阿へ向かったタカオは先客の女性・ユキノと出会います。

ユキノは一人でチョコレートを食べながら缶ビールを飲んでおり、「どこかで会ったことがないか」と尋ねるタカオに対してとぼけ、万葉集の歌を口ずさみながら去っていきました。

本格的な梅雨入り後、度重なる逢瀬を経てユキノと打ち解けたタカオは彼女に靴職人の夢を語り、味覚障害持ちのユキノはタカオの手作り弁当を食べ、「おいしい」と感想を口にします。

ユキノはお弁当をもらったお礼に靴作りの本を贈り、タカオはユキノの靴の制作の為に足を採寸しました。

出典:映画『言の葉の庭』公式サイト

そして梅雨明け後、バイトに忙殺されるタカオは公園から足が遠のき、晴れた日の公園で一人ぼっちで過ごすユキノは、彼の不在に物足りなさを覚えます。

やがて2学期に突入し、ユキノの正体が自身の高校にいた古文教師・雪野百香里(ゆきの ゆかり)であり、教え子のいじめで辞めさせられたと知ったタカオは激怒。

嫌がらせの主犯・相沢を問い詰めに行った際、まるで反省してない彼女の態度にカッとして平手打ちを見舞ったせいで、相沢の友人の男子に怪我をさせられてしまいました。

数日後、公園で再会したタカオに「先生」と呼ばれたユキノが動揺を隠せずにいると急に空が曇り、激しい雨が降ってきました。

ユキノは自分が住むマンションにタカオを雨宿りさせ、二人で料理を食べてコーヒーを飲み、穏やかな時間を過ごします。

しかしタカオが告白すると一転よそよそしい態度をとり、故郷の四国に帰る予定であることを告げました。

社会人が高校生と恋仲になるわけにいかないと、自分の本当の気持ちにブレーキをかけたのです。

タカオが出て行ったのち未練を絶ち切れず追いかけたものの、今度は元教師の過去を隠していた不義理と、無責任に靴職人の夢を応援したずるさをなじられ、二人はお互いに背中を向けます。

タイトルとURLをコピーしました