『リトル・マーメイド』のあらすじ・物語の鍵となる展開紹介

今回記事でご紹介するのはディズニーが手掛けた名作アニメとそのコミカライズ、『リトル・マーメイド』(原題The Little Mermaid)のあらすじです。

原作はハンス・クリスチャン・アンデルセンの不朽の童話『人魚姫』。本作は海底で暮らす人魚姫アリエルが地上に憧れ、人間に化けて外の世界に飛び出すロマンチックなラブストーリー。

アニメ映画は1989年公開、2023年には監督ロブ・マーシャル、ハリー・ベイリーが主演した実写映画版も制作されました。

極彩色の熱帯魚や珊瑚が揺らめく美麗なアニメーションと、人魚たちの美しく澄んだ歌声が響き渡るミュージカルは、大勢の人々の心を掴みました。

※本稿は作品のネタバレを含みます。あらかじめご了承ください。

『リトル・マーメイド』のあらすじ

人魚たちが住む海底の王国アトランティカ。主人公のアリエルは赤毛が特徴的な16歳の人魚の少女で、国王トリトンの末娘です。海で暮らす彼女は地上の世界に憧れを持っていました。

出典:DIsney公式サイト

ある時アリエルは航海中の船に乗っていた人間の王子エリックに一目惚れし、胸をときめかせます。すると突然海が荒れ出し、船は難破。

愛犬を助けるため船に戻ったエリックも事故に巻き込まれてしまいます。アリエルは海に投げ出された彼を救出し、歌を唄いながら手当てを行います。しばらくするとエリックの従者が駆け付けてきて、アリエルは大急ぎで海に戻っていきました。

日増しに恋煩いが酷くなるアリエルを、トリトンや姉妹たちは心配します。遂には人間になってエリックと結ばれたいと夢見るほどに。そんなアリエルを言葉巧みに唆したのが、双子のウツボを従えた海の魔女アースラ。

三日以内にキスできなければ永遠にアースラの奴隷になるという条件のもと、アースラは三日間だけ人間になれる薬をアリエルに与えます。さらに、願いを叶えた代償として自慢の美声を封じられてしまいました。

魔法の薬を飲んだアリエルは人間の姿に変身します。再会したエリックは、声を失ったアリエルを優しく出迎え、城への滞在を許してくれました……が、意識朦朧とした状態で接したアリエルのことを覚えておらず、別の国の姫を命の恩人と誤解しています。

アリエルはエリックの心を射止めようと頑張るものの、アースラの手下ジェイドとフライドの妨害で苦戦し、なかなか上手くいきません。

さらには美女に化けたアースラが割り込み、様々な罠を仕掛け、二人の仲を裂こうとします。アリエルは無事想いを遂げ、エリックと結ばれることができるのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました