無意味にオシャレ!? いまどき東大グッズ
東大オフィシャルグッズの入ったビニールバッグを部屋に転がしておいてたら、ダンナに「また服買ったんか」と言われた。確かに、ちょっとブティックっぽい。
先日、とある取材で東大に行ったとき、赤門脇のこじゃれたガラスばりの建物に目が止まった。
「東京大学コミュニケーションセンター」「東京大学オフィシャルグッズ販売」とある。
なんだ、それ!?

かつて友人が通っていて、また、仕事でもたまーに足を運ぶことがあったのだが、こんなの、見たことはなかった。
早稲田や慶應なんかは昔からその手のものがあるけど、東大もその手のグッズ販売を倣ってみたのか。

やわらかな間接照明ふうの店内には、「東京大学ノート」(600円〜)やらブロックメモ、史料センター所蔵の絵などが刷られたクリアファイル、キーホルダー、ストラップ、Tシャツ、マグカップ、腕時計などが整然と並んでいる。
にしても、白地やグレー地に、UとTをデザインした東大のマークが描かれただけのシンプルなデザインは、不自然なほど無意味にオシャレ感が漂っている。
ぱっと見、ナチュラルな雑貨屋さんのなんかとか、『ソトコト』とか好きそうななんかとかにも見える。プライスレス。


衣装箱や靴箱の防臭シートに使用できる「太陽光エネルギーを有効利用した汚染土壌浄化 光触媒シート」(2枚500円)なんてお勉強要素を感じさせるアイテムが、わずかに東大らしさが感じられるポイントだった。
「昔と違って、いまは東大の子もみんなオシャレでキレイになって」なんてことをよく聞くが、つまり、ココもそういうことか。

オープンしたのは一昨年11月だそうだが、いったい誰が利用するのか聞いてみると
「この学校の学生が3分の1程度で、あとはたまたま立ち寄った人などですね。教授が学会に行く際、土産をここで買うことも多いんですよ」。
学会で他大学の教授に「東大グッズ」を渡す!? どんなやりとりだろう。
「ほー、おたくのはオシャレですなあ」とか言い合っちゃうんだろうか。
案外、無邪気なやりとりか。

周辺はこれからの季節、散歩に楽しいまちなので、部外者も「東大土産」を探しに行ってみては?
(田幸和歌子)