bit

NY市がブランド・コンドームをつくった

話題を集めたドラマ「SEX and the CITY」を見て、ニューヨークのバーでは、毎夜いい男やいい女との出会いがあって、そのままベッドに直行しているのかぁー、と思った人いますかー?
そうですよー。その通りですよー。

というのは冗談だけど、イーストビレッジ辺りのバーでいいムードになったなら、ことに至る前に必ず確認しておこう。
「コンドーム、持ってる?」

セーフティ・セックスは大人の常識。キャリアだろうがなかろうが、安全日だろうがなかろうが、コンドームを使うのは、決して特別のことではない。
NY市保健局の発表によると、94年をピークに減ってきたとは言え、25歳から44歳までの死亡原因の一位がエイズウイルス(HIV)感染によるものであり、性感染症の感染率は高い。

NY市では、HIV感染、性感染症の問題や、不測の妊娠を防ぐために、積極的にコンドームの使用によるセーフティ・セックスを勧めている。
市は市内の学校や医療施設で、市販のコンドームを無料配布してきた。
そしてさらに先頃バレンタインデーの日には、全米初の市のブランド・コンドーム「NYC Condom」を作成し、年間1800万個無料配布すると発表され、15万個のコンドームが市内各地で配られた。

話題のコンドームは、NY地下鉄のサインをロゴに使った黒いパッケージに、メーカー市販のコンドームを詰め替えたもの。見た目は結構おしゃれだし、品質も保証済み。

医療機関だけでなく、市内100カ所以上のバーやクラブ等でも配布されるそうなので、慌てて薬局へ駆け込むこともないということだ。
配布場所は、公式ホームページに紹介されているので是非チェック。

すでにNYCコンドームを使ったという30代男子に聞いてみた。
「バーのカウンターに置いてあったので、ま、話題だったし、いくつかもらってきたのさ。中身は普通のものと変わらないし、サイズが合うなら便利でいいんじゃない? タダだし。彼女も喜ぶし」
ということだった。貴重なお話ありがとう。

そうそう、日本にもコンドームの名コピー「愛しているなら0.1mm離れて」というのがあったっけ。
NY限定のお話と思わずに、「SEX and the CITY」を見た後は、セーフティ・セックスについても考えてみてね。
(チン・ぺーぺー)

「NYC Condom」HP

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2007年3月13日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。