bit

本はどこまで厚くできるの?

       
来年1月に約10年ぶりに全面改訂された『広辞苑』(第六版)が発行される。
広辞苑は国語辞典と百科事典を兼ね備えた画期的な辞書として、1955年に初版が発行され、現代では辞書の代名詞的存在となっている。
今回の改訂では、「メタボリック症候群」「イケ面」といった新語など約1万語が新たに加わり、総項目は24万語になるという。

そんな改訂版『広辞苑』の発行を報じるニュースの中で気になることが。
とあるニュースで『広辞苑』はページ数が増えても本の厚さを変えず、紙を強く薄いものにしたりと工夫しているとあり、そしてその理由が「本を作る機械が厚さ8cm以上のものを作れない」となっていたこと。

ソフト面もさることながら、ハード面でも様々な工夫と努力がなされていることに感動しつつも、またも疑問が。
本の厚さに限界というのはあるのだろうか。
そこで、製本のプロ、東京都製本工業組合にお話を聞いてみることにした。

「厳密に言えば8cm以上の本は作れないとは言い切れないです。手での製本であれば8cm以上も可能です。それと、ハードカバーか雑誌かなどによっても違ってきますね。雑誌の場合は8cmを超えるものもあります。でも、ハードカバーの本の場合は、確かに機械の関係で作れないということはあります」

なるほど。
東京都製本工業組合さんのお話によると、機械によっては8cm以上の本を製本できる機械が全くない、というわけではないとのことだけれど、その機械で広辞苑が作れるかどうか、というのは別の問題のよう。
広辞苑のような辞典は何度も何度もページを繰る。小説など一般書籍よりも耐久性なども求められるわけだから、それなりの技術は必要なのだろう。

東京都製本工業組合のホームページには「世界一?厚い本」として厚さ83cm、重さ72kgの本が紹介されていた。なんと『広辞苑』約10冊分の厚さ! これは昭和63年の文京区産業展の際に、区内製本業者の技術の粋を集めて可能な限り厚い本を作ろう、という試みで製作されたものとか。原稿は区の幼稚園、保育園児、小・中学生8037人が「文京区に託す夢」を絵や作文として自由に表現したものだそう。
「世界一?」とクエスチョンが入っているのは正式に各国の本と比べたわけではないので、という話だった。ちなみに、この本、当然のことながら一人で持って読むことはできません。恐るべし日本の製本技術!
(この本は以前は文京区教育センターに展示されていたが、現在は公開されていないとのこと)
(こや)

東京都製本工業組合HP

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2007年12月6日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。